PayPay残高の有効期限は2年間!短い!

どーも!いーぶママです❤️

PayPayの100億円キャンペーン、残念ながら終了してしまいましたね😢

悲しすぎる😢

ですが、まだまだPayPayを活用するメリットは存在すると思います💕

今回はPayPay残高の有効期限についてお話し致します。

PayPay残高にも有効期限があることはご存知でしたか

幸運にも、100億円キャンペーンにて多額のPayPay残高をGETした方は要注意ですよ💡

せっかくGETした残高やチャージした残高、無駄なく活用しましょう!

PayPay残高の有効期限は2年間

とっても大切なこと!

PayPay残高の有効期限は2年間です!

この2年間とは、最後にPayPayを利用してから2年間という事になります!

■有効期限について
PayPayライトまたはPayPayボーナスいずれかの残高が変動した日から2年後です。

引用:公式HP

キャンペーン期間に多額のPayPay残高をGETした方もいることでしょう😍今後も日常的にPayPayを利用していくのであれば、2年間という有効期限はさほど心配する事はないかと思います!

コンビニなどでちょくちょく消費していけば、利用の度に有効期限が伸びていくわけです✨

しかし、使わなくなった銀行口座や貰ったQUOカードのように、すっかり存在を忘れてしまったら…あっというまに2年間は過ぎてしまうので気をつけましょう!

1000円のPayPay残高がある場合、1000円以下の物を購入する際にしかPayPay残高は使用できません!1080円の支払いを行う時は残高をオーバーしてしまっているので、Yahoo!マネー→登録のクレジットカードの優先順位で決済が行われます!PayPay残高は手付かずでそのまま残ります。

PayPay残高には2種類ある

PayPay残高は、「PayPayライト」と「PayPayボーナス」の2種類が存在します✨

この2つの違いは、

✔️キャンペーンや特典で得たPayPay残高はPayPayボーナス

✔️PayPay残高に自らチャージした残高はPayPayライト

です✋

100億円キャンペーンなどでGETした残高やダウンロード特典としてGETした残高はPayPayボーナスです!

いーぶママはソフトバンクユーザーなので、PayPayダウンロードとクレジットカード登録で1000円のPayPay残高をGETしました✨

アプリから、

このような画面が確認出来ます。

確認の方法は、

アプリを開き、下のバーの左から2つ目の【残高】→残高の下に表記されている【内訳を見る>】、を押下するとPayPay残高の内訳を確認出来ます😊

普段、店頭でPayPayを利用する分にはライトとボーナスの違いによる注意点はありません×

2年間の有効期限という点も同じです💡

ですが、お友達に送金する場合はPayPayライトでなければいけないので指定の方法でチャージが必要になります✋

お友達に送金などしない場合は特にチャージする必要はないかな?といーぶママは思います✨

いーぶママはクレジットカードのポイントも貯めたいのでチャージはせずにPayPayボーナスもしくはクレジットカード払いでPayPayを利用していますよ✨2年間の有効期限があることはしっかり頭に入れておきましょうね!

お読み頂き、ありがとうございました✨
何か参考になれば嬉しいです!
PayPay!!

シェアする

フォローする