「モン・パティシエ ラムレーズン」が本格的で美味しい件

あーだパパです!

ホームランバーでお馴染みのメイトーブランドを展開する協同乳業(株)より販売されている「モン・パティシエ ラムレーズン」。

これが、かなり本格的で美味しいアイスクリームなのです!

食べてみた感想やカロリーなどをまとめましたので、ご覧くださいませ!

「モン・パティシエ ラムレーズン」とはどんなアイス??

『モン・パティシエ』はフランス語で『私のパティシエ』という意味です。鎌倉パティスリーMIWAのパティシエである三輪氏に監修いただき、素材の組合せにこだわって味作りをしています。アイスには、力強く芳醇なダークタイプのコルバロイヤルラム酒を使用し、ラム酒の深く豊かな香りを与えます。レーズンには、アイスと異なる深いコクが特徴のジャマイカ産マイヤーズラム酒に漬け込んだラムレーズンを使用し、ラム酒感を更に深めました。

協同乳業株式会社ホームページより
https://www.meito.co.jp/products/ice-cream/monpatissier5.html

モン・パティシエは、パティシエの監修を受けているなど、かなり本格的なアイスクリームです。

容量は120ml。

蓋を取ると、裏に「パティシエのつぶやき」なるものが書かれています。

価格は販売店によって違うと思いますが、100円前後くらいだと思います。

「モン・パティシエ ラムレーズン」は美味しい?食べてみた感想は?

さて、肝心のお味はというと、一言でいうと本格的。

ラム酒の味がしっかりとしていて美味しいです!

アイスクリームとラムレーズンにラム酒が使用されているので、ラム酒の風味がとても良く、大人なアイスクリームという感じです。

ラムレーズンもちゃんと入っています。

ラムレーズンもラム酒の味と風味がしっかりとしていて、アクセントとして抜群です!

ちょっとラム酒の感じが強いかなという気もするので、お酒が苦手な人には少しきつく感じるかもしれません。

「モン・パティシエ ラムレーズン」のカロリーや成分

エネルギー 201kcal
たんぱく質 2.5g
脂質 9.1g
炭水化物 27.2g
ナトリウム 36mg

※1個(120ml)あたり

「モン・パティシエ ラムレーズン」の原材料

「モン・パティシエ ラムレーズン」のアルコール度数は?子どもは食べれる?

「モン・パティシエ ラムレーズン」のアルコール分は0.8%。

そもそもラムレーズンはアルコール度数の高いラム酒に漬けた物ですが、子どもが食べてよいものなのでしょうか。

なかには子どもへの注意喚起を記載しているものもあるようですが、「モン・パティシエ ラムレーズン」にはそういった注意書きはなかったです。

アイスクリームのラムレーズンなどは風味付けくらいの使用量の場合が多いので、アルコール分は大体1%前後。

「モン・パティシエ ラムレーズン」のアルコール分は0.8%なので、そこまで気にする必要はなさそうです。

ただ、アルコールが苦手な人や幼児は避けたほうが良さそうです。

まとめ

さて、いかがでしたでしょうか?

ラムレーズンのアイスクリームの中でも、かなり本格的なアイスクリームだと思いました。

もちろん、高い料金を支払えば、美味しいアイスクリームはいただけると思いますが、100円前後という低価格で、これだけの美味しいアイスクリームはなかなかないですよ!

以上、「モン・パティシエ ラムレーズン」が本格的で美味しい件でした。

最後まで、お読みいただきありがとうございます!

シェアする

フォローする