ひまわりガーデン武蔵村山の見頃は短め!?見どころやアクセス、駐車場情報をご紹介!

あーだパパです!
夏といえば、ひまわり!ですが最近ではひまわりを見かける機会も減ってきましたね。
ということで東京でも見られる「ひまわりガーデン武蔵村山」へ行ってきました。
ひまわりの見頃や駐車場情報などをまとめてみましたので参考にして下さいね!

ひまわりガーデン武蔵村山とは

武蔵村山市では、都営村山団地の建替事業に伴い発生した用地を東京都から借り受け、平成24年度から「ひまわりガーデン武蔵村山」を開園しています。
毎年5月の種まきには、小・中学生を中心とする数多くのボランティアの方々が参加しており、武蔵村山市の新たな観光スポットを市民協働で作り上げています。
「ひまわりガーデン武蔵村山」は、都内最大級のひまわり畑として、市内外から毎年2万人を超える来園者があり、武蔵村山市の夏を彩る風物詩となっています。
武蔵村山市ホームページより

【開園時間】
9:00~17:00(2018年の情報)

【入園料】
無料

2018年のパンフレット
http://www.city.musashimurayama.lg.jp/_res/projects/default_project/_page_/001/001/598/himawaripanhu.pdf

ひまわりガーデン武蔵村山の本数

ひまわりガーデン武蔵村山には50万輪ものひまわりが咲き誇ります。
これだけの本数のひまわりを見たのは人生初でした!
また、ひまわりの種類も豊富で、コング、ロシア、ハイブリッドサンフラワーなどなど様々なひまわりを見ることができます。
正直、ひまわりにこれだけの種類があることも初めて知りました(笑)。

ひまわりガーデン武蔵村山の開花状況

ひまわりの開花状況はその年の天候などで違ってくるようです。
参考までに2018年の開花状況をご紹介します。

2018年

5月19日 種まき
5月30日 芽が出る
6月26日 蕾が出る
7月9日 開花
7月22日 開園
8月6日 閉園

ちなみに2017年は7月15日開園、8月10日閉園でした。

ひまわりガーデン武蔵村山の見頃はいつ?

2018年 7月23日~27日
2017年 7月24日~29日
2016年 7月19日~27日

天候やひまわりの開花状況にもよりますが、ひまわりの見頃は概ね7月下旬となりそうです。
7月最終日に近づくと、下を向き始めるひまわりが出てくるようで8月に入ると、見頃を過ぎたひまわりが目立ち始めます。
私たちがお邪魔したのは8月5日でしたが、ほとんどのひまわりが下を向いておりました(笑)。

連日猛暑が続いているので、この暑さにひまわりもウンザリ・・・といった感じ。

このように意外とひまわりの見頃は短めなので、検討されている方は早めに行くことをおすすめします!



ひまわりガーデン武蔵村山の見どころ

ひまわりガーデン武蔵村山の一番の見どころは、もちろんひまわりなのですが、その他にも見どころがあります!

【ゴーヤのトンネル】


園内にあるゴーヤのトンネル。
まるでジブリの映画に出てきそうなゴーヤで作られたトンネルです。
中は強い日差しから逃れることができて涼しいですよ。

【幸せの黄色いベンチ】


ゴーヤのトンネルの中に設置されている「幸せの黄色いベンチ」。
このベンチに座った二人は永遠に幸せになれるとか?
外に置かれていることもあるようで、ひまわりをバックに写真を撮ることもできるみたいです。

その他にも、辺り一面を見渡すことができる見晴台やひまわりの迷路などもあります。

ひまわりガーデン武蔵村山の園内マップ

武蔵村山市ホームページより

ひまわりガーデン武蔵村山は道路を隔てて大きく分けて北側と南側の2つのエリアになります。
南側に駐車場があるので、南側だけ見て「終わりかぁ」と帰らないように注意して下さいね!

園内にはトイレもありますよ

ひまわりガーデン武蔵村山は赤ちゃん連れでも行ける?

今回、私たちは赤ちゃんを連れてお邪魔しました。
園内は園路も広く、ベビーカーでも大丈夫そうでした。
地面は土のところと木くずがまかれているところがありました。

但し、かなり暑いので熱中症などには気をつけてください!
園内には屋根付きのベンチなどもありますが、休憩場所はそんなに多くありませんので、日傘などがあると良いかと。



ひまわりガーデン武蔵村山の所要時間

ひまわりガーデン武蔵村山は思ったよりも広かったです。
全てをじっくりと見るなら1時間ほどかかると思います。
私たちがお邪魔したときはあまりの暑さに30分ほどで退散しました・・・。

じっくりと見たいという方は暑さ対策を万全にしましょう!

ひまわりガーデン武蔵村山の料金と駐車場

ひまわりガーデン武蔵村山の入園料は無料です(2018年8月)。

これだけの規模なのに無料は嬉しいですね。

駐車場はひまわりガーデン武蔵村山の入り口付近(園内の南側)にあります。
駐車料金は1台300円です。

しかし、ひまわりの見頃が過ぎると駐車料金は無料となるようです。
私たちがお邪魔した8月5日は無料でした!
ちなみに2017年は8月7日~10日まで無料だったようです。
この時期はひまわりを切り取って持ち帰ることも可能です。

ひまわりガーデン武蔵村山のアクセス

【車の場合】
駐車場は園内の南側となります。
都営村山アパート71号棟の西側です。

【電車の場合】
多摩都市モノレール「上北台駅」から徒歩10分

まとめ

さていかがでしたでしょうか?
夏の風物詩のひまわりですが最近は見かけることも少なくなってしまいました。
久しぶりにひまわりを見たいなぁ・・・なんて思ったら、ひまわりガーデン武蔵村山へ!!
満開の時期が短めなので、その年の開花状況をチェックしてから訪れて下さいね!

以上、ひまわりガーデン武蔵村山の見頃は短め!?見どころやアクセス、駐車場情報をご紹介!でした。

最後まで、お読みいただきありがとうございました!

武蔵村山市にあるパン屋さん「もりのこむぎ」。外光に包まれる広々したイートインスペースや無料の飲み物、美味しいパンが魅力的です。駐車場情報やおすすめのパンなどご紹介しております。

開花状況は武蔵村山市ホームページからチェックできますよ!
http://www.city.musashimurayama.lg.jp/kankou/spots/himawari/

シェアする

フォローする