新井園本店のお茶カフェ武蔵利休のスイーツがすごい!かき氷やパフェを食べた感想

今回は所沢市小手指町にある武蔵利休にお邪魔しました。

抹茶あずきのかき氷や武蔵利休パフェなど美味しいスイーツを頂いてきたので感想をまとめてみました。

参考にしてみて下さいね!

新井園本店とは

新井園本店とは創業大正13年の埼玉県所沢市に本店を置くお茶の生産や販売を行っている会社です。

所沢市は狭山茶の生産が盛んで、入間市に次いで狭山茶の生産が全国2位なんです。

狭山茶は「色は静岡、香りは宇治よ、味は狭山でとどめをさす」と歌われているように実はお茶のなかでは有名な特産品なのです。

新井園本店は農林水産大臣賞をはじめ、狭山茶の生産者として初めて天皇杯を受賞するなど高い評価を受けています。

その新井園本店が運営するお茶カフェが武蔵利休です!

新井園本店 武蔵利休のメニュー



武蔵利休はカフェなのでスイーツやドリンクが中心ですが、お食事もあります。

今回はお食事ではなく、美味しいと評判のかき氷の抹茶あずきと武蔵利休パフェを頂くことにしました。

新井園本店 武蔵利休の抹茶あずきのかき氷を食べた感想

店内は落ち着いた雰囲気。

美味しいほうじ茶を頂きながら待つこと数分。

ついに来ました!!


まず驚いたのはそのボリューム!!

メニューの写真より大きく見えました。

最初は本当になにかの間違いじゃないかと思うほど!

だって下のお皿が見えないんですもの!

この抹茶ソース?をかけて頂きます。

全部かけると崩れそうなので少しずつ。


お味は抹茶の風味が満載!って感じで、最高に美味しいです!!

甘みが抑えられているので、かなり大人な抹茶かき氷という感じ。

食べても食べてもなくならない(笑)。

あれ?あずきは?

とお思いの方、安心してください。

あずきは中に隠れています!

まずは抹茶味のかき氷を楽しみ、次にあずきと抹茶の味を楽しむ。

よくできてますねー!!

トッピングで白玉(150円)とミルク(100円)も追加できます。

甘いのが好きな方はミルクをトッピングしても良いかと思います。

新井園本店 武蔵利休パフェを食べた感想

もうひとつ注文したのが武蔵利休パフェ!

抹茶アイスに白玉、あずきにわらび餅、抹茶のガトーショコラなどを贅沢に盛り付けた至極のパフェです!

お味はもう美味しくないわけがないですよね。

一つ一つが上品なお味でございます。

こんなパフェがあっていいのかと思うほど贅沢な一品です!!



新井園本店 武蔵利休は赤ちゃん連れでも行ける??

今回、私たちは赤ちゃん連れでお邪魔しましたが、店員さんは嫌な顔をせず対応してくれました。

但し、店内は落ち着いた雰囲気で、お客さんもご年配の方が多いので、ちょっと気を使いました。

赤ちゃんの声が結構響くので、騒ぐときは店外に出るなどの対応が必要そうです。

新井園本店 武蔵利休のアクセスや駐車場

【武蔵利休のアクセス】
埼玉県所沢市小手指町1-15-5
西武池袋線小手指駅北口より徒歩3分

【武蔵利休の駐車場】
武蔵利休の駐車場はありません。
お店の裏側にコインパーキングがあります。

【武蔵利休の営業時間】
11:30~18:00
※ラストオーダー17:30
※ランチ11:30~14:30

【武蔵利休の定休日】
第2水曜日(不定休)

【武蔵利休の電話番号】
04-2941-3399

まとめ

さて、いかがでしたでしょうか?

今回は新井園本店 武蔵利休のスイーツをご紹介しました。

小手指町にこんな素敵なカフェがあったとは!

今度はお食事も頂いてみます。

和風スイーツが好きな方は是非訪れてみてくださいね!!

以上、 新井園本店のお茶カフェ武蔵利休のスイーツがすごい!かき氷やパフェを食べた感想でした。

最後まで、お読みいただきありがとうございました!

小手指で大判焼きが食べたい!という方には新井園本店さんの横に登場する屋台の金土日祝限定の大判焼きがおすすめですよ!営業日や販売時間、価格などご紹介致します!
お茶処は所沢市にある、お茶の生産や加工販売を行う新井園本店。カフェも運営していて、そこで購入した「抹茶タルト」を食べてみた感想などをご紹介します!

シェアする

フォローする