ローソンのバスチーを食べてみた感想とレビュー!売り切れ続出スイーツの味とは!?

ローソンから発売された「バスチー」を食べてみました!

売り切れ続出で発売から3日間で100万個も売れたというモンスタースイーツ。

果たして、うまいのか?

食べてみた感想やレビュー、カロリーなどの情報をまとめましたので、ご覧ください!

売り切れ続出の「バスチー」ってどんなスイーツ?

2019年3月26日にローソンから発売された「バスチー」。

発売から3日間でなんと100万個も売れたそうで、ローソン史上最速で100万個を突破したモンスタースイーツです。

筆者は午前中にローソンに行った際には3つほどしかなく、昼食をとって再び訪れたら既に売り切れていました!

では「バスチー」はどんなスイーツなのか?

簡単に言うとチーズケーキなのですが、ただのチーズケーキではなく、バスク風チーズケーキ。

バスク風チーズケーキはスペイン・バスク地方のスイーツで、表面を黒く焦がし、控えめな甘さとしっとりとした食感のチーズケーキです。

「バスチー」はクリームチーズと牛乳・北海道産生クリームを使用し、レアでもベイクドでもない、なめらかで濃厚な味わいを実現。表面と底面は焦がしカラメルとなっているのが特徴です。

袋から出すと、こんな感じ。

確かに表面は黒いですね~。

サイズ感としては、そこまで大きくはないですが、ちょうどいいサイズです。

周りの包装を外してみました。

半分に切ってみると、中はこんな感じ。

見た目はベイクドチーズケーキみたいですね。

【値段】199円(税抜)

【保存方法】要冷蔵

【消費期限】2日間程度か(4月5日に購入し消費期限は4月7日)

「バスチー」を食べた感想とレビュー

それでは実際に食べてみた感想です。

匂いは、ベイクドチーズケーキのような良い香り。

口に入れると、表面のほろ苦い焦がしカラメルと、中のチーズケーキの味とが絶妙なハーモニーとなって口の中に広がります。

これは美味しいっ!

完成度が高く、高級レストランのデザートとして出てきそうなレベルですよ!

食感は、レアチーズケーキとベイクドチーズケーキの間のような食感。

とても滑らかな食感で、ムースっぽい感じもあります。

焦がしカラメルのせいか、若干、プリンのような風味もある、大人なスイーツです。

「バスチー」のカロリーと原材料

エネルギー 260kcal
たんぱく質 5.2g
脂質 16.1g
糖質 23.4g
食物繊維 0.2g
ナトリウム 145mg

※1包装あたり

【原材料など】

「バスチー」はいつまで販売してるの?

これだけ人気商品となると、いつまで販売してるのか気になりますよね。

購入したローソンの店舗にあったポップによると「バスチー」の販売期間は4月15日までのようです。

これだけ売れているので再販される可能性は高そうですが。

まとめ

さて、いかがでしたでしょうか?

今回はローソンの人気スイーツ「バスチー」をご紹介しました。

最近のコンビニスイーツは本当にレベルが高いですね~。

今のところ期間限定のようなので、気になる方はお早めに!!

以上、「ローソンのバスチーを食べてみた感想とレビュー!売り切れ続出のスイーツの味とは!?」でした。

最後まで、お読みいただきありがとうございました!

【同じ日に発売された「ザクシュー」の記事はこちら】

ローソンから発売されたザクシュー(ザクザクチョコシュー)。発売からあっという間に人気商品となり売り切れ続出となっている店舗あるらしいですが、果たしてそんなにうまいのか!?食べた感想とレビュー、カロリーなどの情報をまとめましたので、ご覧ください!

シェアする

フォローする