CGC缶チューハイを飲み比べてみました♪

CGC缶チューハイを飲み比べてみましたよ!

今回、購入したのはレモン・グレープフルーツ・ドライの3種類。

それぞれを飲んでみた感想や原材料、カロリーなどをまとめましたので、ご覧ください!

 

CGCの缶チューハイ

CGCとは?

1973年、原油価格が高騰し、トイレットペーパーや洗剤など石油関連商品が店頭からなくなり、わずかな商品を求めてお客様が殺到するパニックが起きました。その時、「お客様に良い商品をより安く、安定的に提供できるパワーを持つためには、全国規模でまとまることが必要」と考えた各地の中堅・中小スーパーマーケットが東京・新宿にある株式会社三徳の呼びかけに応じて結集したのが、CGCグループです。その本部機能を担っているのが、シジシージャパンです。

CGCホームページより

CGCのPB(プライベートブランド)の缶チューハイ、「酎ハイ」を購入しました♪

今回、購入したのは、350mlのレモン・グレープフルーツ・ドライの3種類。

容量:350ml・500ml
購入価格(税抜):84円(350ml)
アルコール度数:9%

350ml缶で84円(税抜)なので、かなり良心的なお値段ですね(*´▽`*)

 

CGC酎ハイ レモン

それではまず、レモンからご紹介します!

 

CGC酎ハイ レモンの原材料

 

CGC酎ハイ レモンのカロリー

 

CGC酎ハイ レモンはうまい?まずい?飲んでみた感想は?

果汁は2.7%ですが、レモン感は薄いです。

かなりさっぱりした味わい♪

アルコール度数は9%ですが、アルコール感もそんなに強くなく、飲みやすいです( ^ω^ )

 

CGC酎ハイ レモンの評価

風味 ★★☆☆☆
甘み ★★☆☆☆
果汁感 ★★☆☆☆
飲みやすさ ★★★★☆
アルコールの強さ ★★★☆☆
炭酸の強さ ★★☆☆☆
食事に合う ★★★☆☆

 

CGC酎ハイ グレープフルーツ

続いてグレープフルーツをご紹介します!

 

CGC酎ハイ グレープフルーツの原材料

 

CGC酎ハイ グレープフルーツのカロリー

 

CGC酎ハイ グレープフルーツを飲んでみた感想は?

 

グレープフルーツ味もレモン味と同様、かなりさっぱりした味わいです。

香りはグレープフルーツの良い香りがしっかりとします♪

 

CGC酎ハイ グレープフルーツの評価

風味 ★★☆☆☆
甘み ★★☆☆☆
果汁感 ★★☆☆☆
飲みやすさ ★★★★☆
アルコールの強さ ★★★☆☆
炭酸の強さ ★★☆☆☆
食事に合う ★★★☆☆

 

CGC酎ハイ ドライ

最後にドライをご紹介します♪

 

CGC酎ハイ ドライの原材料

 

CGC酎ハイ ドライのカロリー

 

CGC酎ハイ ドライを飲んだ感想

 

ドライもかなりさっぱりとしていて、飲みやすいです!

レモンが入っていますが、ほんのりと感じる程度。

 

CGC酎ハイ ドライの評価

風味 ★☆☆☆☆
甘み ★☆☆☆☆
果汁感 ★☆☆☆☆
飲みやすさ ★★★☆☆
アルコールの強さ ★★★☆☆
炭酸の強さ ★★☆☆☆
食事に合う ★★★★☆

 

まとめ

さて、いかがでしたか?

今回はCGCのPB、酎ハイシリーズをご紹介しました!

全体的にはかなりさっぱりとしていて、飲みやすい感じです。

アルコール度数が9%ですが、そこまでアルコールが強いとは感じず、ぐいぐいと飲めちゃいます。

なので、飲み過ぎるは注意してくださいね!

 

以上、CGC缶チューハイを飲み比べてみました♪でした。

最後まで、お読みいただきありがとうございます!

シェアする

フォローする