ぐい麦を飲んだ感想!バーリアルとの違いは?

スーパーマーケットのヤオコーで新ジャンルビール「ぐい麦」を入手しました。

飲んでみた感想や新ジャンルビールでお気に入りのバーリアルとの比較などをまとめてみましたので、ご覧ください!

ぐい麦の概要

ぐい麦は、ドイツ産ホップを使用したスターセレクトシリーズの新ジャンルビールです。

【スターセレクトとは?】
スターセレクトとは、ライフとヤオコーが共同開発したプライベートブランドです。

【原産国】韓国

【アルコール度数】5%

【カロリーなど】100mlあたり

エネルギー 41.5kcal
たんぱく質 0.3g
脂質 0g
糖質 3.2g
食物繊維 0~0.5g
ナトリウム 0~7mg

うまい?まずい?ぐい麦を飲んでみた感想

まずは通常のぐい麦。

色見は薄いかなという印象。

飲んでみた感想としても、かなりライトな感じでした。

続いて、ぐい麦糖質70%オフ。

こちらも色見は薄い気が。

飲んでみた感想としては、通常のぐい麦とそれほど変わりません。

もともとの「ぐい麦」がライトだからか、70%オフとの差があまりわかりませんでした。

なので、飲むなら70%オフのほうが良いと思います。

ぐい麦 vs バーリアル

私が好きなトップバリュのバーリアルと比較してみると、やっぱりバーリアルかなと思います。

プライベートブランドの新ジャンルビールは、味が薄いものが多く、今回いただいた「ぐい麦」も薄い分類に入ると思います。

しかし、バーリアルは大手メーカーの新ジャンルビールにも劣らない商品で、コクや苦みもちゃんとあります。

値段も安いので、コスパ的にはバーリアルかな~・・・という印象でした!

トップバリュの新ジャンルビール「バーリアル」がキリンと提携し、韓国産から国産となりました。「バーリアル」「リッチテイスト」「糖質50%オフ」「3つのフリー(ノンアルコールビール)」など様々な種類があります。果たして、その味はうまいのか!?飲んでみた感想やカロリー、種類の違いなどをまとめてみましたので、ご覧ください!

さて、いかがでしたでしょうか?

今回はスターセレクトの「ぐい麦」をご紹介しました。

色々なプライベートブランドの新ジャンルビールをいただいてきましたが、他の新ジャンルビールとあまり変わらないかなという感じです。

さっぱりと癖がなく、ライトな新ジャンルビールなので、夏やビールの苦みが苦手な人にはおすすめです!

シェアする

フォローする