クラフトスタイル アメリカンエールタイプを飲みレポ!

2019年10月23日にアサヒビールから発売された「クラフトスタイル アメリカンエールタイプ」を飲んでみました。

アメリカ西海岸発祥のビアスタイル「アメリカンペールエール」の味わいを表現した新ジャンル。

その味はうまいのか、まずいのか。

飲んでみた感想や評価をレビューします。

商品概要

公式サイトより

 

アサヒビールから発売されている「クラフトスタイル」のブリティッシュエールタイプ。

アメリカンエールタイプを手頃に楽しめちゃう新ジャンルなんです(ビールじゃないんですよ~)!

 


アメリカ西海岸発祥のビアスタイル「アメリカンペールエール」の味わいを表現した新ジャンル。米国産ホップを一部使用し、上面発酵酵母を用いて製造。ホップの華やかな香りと心地よい余韻。
アルコール分 5%
容量・容器 350ml缶
製造工場 名古屋工場
希望小売価格 オープン価格
発売日 2019年10月23日

 

クラフトビールとは?
大手ビール会社が生産するビールに対して小規模な醸造所が造る「職人技のビール」「手作りのビール」など個性的なビール。地ビールとも言う。

 

アメリカンペールエールとは?
アメリカンペールエールはペールエール(ブリティッシュスタイル)をルーツとしたスタイル。アメリカに渡ったブリティッシュペールエールが独自の進化を遂げる。草木のような風味のホップを使用しているブリティッシュに対して、アメリカンはフルーティーで華やかな風味が特長。

 

原材料

【原材料名】
発泡酒(国内製造)(麦芽、ホップ、大麦、米、コーン、スターチ)、スピリッツ(大麦)

 

カロリーや成分

【栄養成分表示(100ml当たり)】
エネルギー:46kcal
たんぱく質:0.3~0.7g
脂質:0g
炭水化物:3.2g(糖質:3.2g 食物繊維:0~0.2g)
食塩相当量:0~0.02g

 

味の感想と評価

それでは「クラフトスタイル アメリカンエールタイプ」を飲んでみた感想をご紹介します。

 

ブリティッシュエールタイプと同様、新ジャンルとしてはなかなかの泡立ち。

 

味わいとしては、かなり苦味が強い。

渋味とコクがあり、ビターな味わいです。

けど、炭酸も強く後味はスッキリとしているので飲みやすい!

苦味が強いのに飲みやすいという不思議な感覚。

華やかな風味がありますが、もっとフルーティーな味わいを想像していました。

アメリカンペールエールと言えば柑橘のような華やかな風味が特長なのですが、控えめな感じなので食事とも合います。

 

味の評価

おすすめ度

旨味
苦味
甘味
渋味
酸味
のどごし
キレ
コク
華やかさ
泡立ちの良さ
飲みやすさ
炭酸の強さ

 

おすすめ度は星4つとさせていただきました。

本格的な味わいなのに新ジャンル価格で飲めるというコスパの良さが高評価です!

 

気になる方は是非、飲んでみてくださいね♪

以上「【レビュー】クラフトスタイル アメリカンエールタイプの味はうまい?まずい?」でした😊

2019年10月23日にアサヒビールから発売された「クラフトスタイル ブリティッシュエールタイプ」を飲んでみました。イギリスの伝統的なビアスタイル「ペールエール」の味わいを手軽に楽しめる新ジャンル。その味はうまいのか、まずいのか。飲んでみた感想や評価をレビューします。

シェアする

フォローする