キリン一番搾り 清澄みはうまい?まずい?飲んでみた感想と評価

キリン一番搾り 清澄みを飲んでみました!

その味はうまいのか?まずいのか?

飲んでみた感想や評価などをまとめましたので、ご覧ください!

キリン一番搾り 清澄みとは?

KIRIN公式サイトより

 

アルコール度数 5%
価格 350ml缶:221円(税込)、500ml缶:286円(税込)
発売日 2019年4月22日
販売店 セブンイレブン、イトーヨーカドー、ヨークベニマル、ヨークマート、そごう・西武、シェルガーデンなど

 

キリン一番搾り 清澄み(きよすみ)はセブン&アイグループ限定のビールです。

2018年に「一番搾り 匠の冴」が発売されましたが、それをさらに進化させたのが「キリン一番搾り 清澄み」。

 

キリン一番搾り 清澄みの特徴

  • 一番搾り製法
  • 氷点下貯蔵
  • 希少なニュージーランド産ザーツホップ「モーテカ」を一部使用

 

 

氷点下で貯蔵することで雑味や渋みを取り除き、澄んだ美味しさを実現。

希少なニュージーランド産ザーツホップ「モーテカ」を一部使用することで、爽やかな香りと後味のすっきり感を出したそうです。

つまり、一番搾りのすっきりバージョンということですかね😊

 

キリン一番搾り 清澄みの原材料・カロリー・成分

 

清澄みと一番搾りの違い

  清澄み 一番搾り
アルコール度数 5% 5%
原材料 麦芽(外国製造又は国内製造(5%未満))、ホップ 麦芽(外国製造又は国内製造(5%未満))、ホップ
エネルギー 40kcal 40kcal
たんぱく質 0.4g 0.4g
脂質 0g 0g
炭水化物 2.5g 2.7g
糖質 2.4g 2.6g
食物繊維 0~0.2g 0~0.2g
食塩相当量 0g 0g

※エネルギーなどは100mlあたり

 

キリン一番搾り 清澄みを飲んでみた感想と評価

うん!美味しい!

確かに爽やかな味わいです😊

まさに清く澄んだような風味♪

ただ・・・

ちょっとスッキリしすぎかな💦

一番搾りらしいコクと旨味、そして心地よい苦味が好きな人にはちょっと物足りないかも。

一番搾りらしさと爽快感の両立はやっぱり難しいのか・・・

 

一番搾り 清澄みの評価

コク
旨味
苦味
雑味
炭酸の強さ
のどごし
華やかさ
泡立ち
飲みやすさ

おすすめ度

 

気になる方は是非、試してみてくださいね!

 

以上、キリン一番搾り 清澄みはうまい?まずい?飲んでみた感想と評価でした!

シェアする

フォローする