サッポロ 麦とホップ シングルモルトを飲みレポ

2020年1月28日に発売された「サッポロ 麦とホップ シングルモルト」を飲んでみました。

公式サイトによると「シングルモルトでつくった、特別な麦とホップ」とのこと。

その味はうまいのか、まずいのか。

飲んでみた感想や評価などをレビューします。

商品情報

サッポロ 公式サイトより

アルコール分 5%
容量・容器 350ml缶・500ml缶
発売日 2020年1月28日

「麦とホップ シングルモルト」はビールの本場ドイツの代表的な麦芽アバロン種のみを使用して作られた新ジャンルです。

この「麦とホップ シングルモルト」のシングルモルトとは使用する麦芽が単一品種であることを意味するそうです。

 

原材料・カロリー・成分

【原材料名】
発泡酒(国内製造)(麦芽、ホップ、大麦)、スピリッツ(大麦)

【栄養成分表示(100ml当たり)】
エネルギー:46kcal
たんぱく質:0.4g
脂質:0g
炭水化物:3.7g
糖質:3.6g
食物繊維:0~0.2g
食塩相当量:0~0.02g

 

味の感想と評価

それでは実際に「麦とホップ シングルモルト」を飲んでみた感想をご紹介します。

 

グラスに注いでみると、見た通り泡立ちはとても良いですね。

飲んでみた感想は、程よい酸味と渋味があります。

喉ごしやキレも良い。

炭酸も強めでスッキリとした爽快感を感じます。

かと言って、薄すぎずコクもあり飲みごたえもある新ジャンルです。

 

評価

おすすめ度

旨味
苦味
甘味
渋味
酸味
のどごし
キレ
コク
華やかさ
泡立ちの良さ
飲みやすさ
炭酸の強さ

 

キレのある飲み口なので洋食はもちろんのこと、和食にも合いやすい新ジャンルです。

気になる方は是非、飲んでみてくださいね。

以上「【レビュー】サッポロ 麦とホップ シングルモルトの味はうまい?まずい?」でした😊

シェアする

フォローする