ヤマザキ コッペパン 甘熟王バナナクリーム&チョコホイップを食べレポ

ヤマザキコッペパンシリーズの新作フレーバー「甘熟王バナナクリーム&チョコホイップ」を食べてみました。

元祖・高地栽培で知られる甘熟王を使ったクリーム。

その味はうまいのか、まずいのか。

食べてみた感想や評価などをレビューします。

商品情報

購入日:2019年7月3日

原材料

【原材料名】
小麦粉(国内製造)、バナナフラワーペースト、チョコクリーム、糖類、ショートニング、脱脂粉乳、パン酵母、食塩、発酵風味料、発酵種、植物油脂/ソルビット、加工デンプン、乳化剤、グリシン、酸味料、増粘剤(加工デンプン、増粘多糖類)、酢酸(Na)、香料、セルロース、イーストフード、メタリン酸Na、pH調整剤、カロテノイド色素、V.C、(一部に乳成分・卵・小麦・大豆・バナナを含む)

カロリーや成分

【栄養成分表示(1包装当たり)】
熱量:386kcal
たんぱく質:9.5g
脂質:12.8g
炭水化物:58.1g
食塩相当量:0.7g

味の感想と評価

それでは実際に食べてみた感想をご紹介します。

中のクリームは2層になっていて上がチョコホイップ、下がバナナクリームです。

食べてみると、バナナの風味がかなり良い感じ!

完熟感があって濃厚なバナナの味わいがします。

その反面、チョコホイップの存在感はあまりない……。

バナナチョコの味わいをイメージしていると期待が外れるかもです。

 

甘熟王バナナクリーム&チョコホイップのおすすめ度

 

以上「【レビュー】ヤマザキ コッペパン 甘熟王バナナクリーム&チョコホイップの味はうまい?まずい?」でした😊

シェアする

フォローする