カップヌードル謎肉増量でもえびが減った!?新旧の変化を比較してみた♪

カップヌードルが謎肉を増量して4年半ぶりにリニューアルしました♪

コロ・チャーはどうなるのか?

そしてえびが減った!?

カップヌードルはどう変化したのか比較してみましたのでご覧ください!

謎肉とは?

4年半ぶりに謎肉増量でリニューアルしたカップヌードル。

カップヌードルにはコロコロしたダイス型のお肉が入っていますよね。

でも、そもそも謎肉って何なんでしょう??

カップヌードルの定番の具材でもある謎肉は2016年9月5日にカップヌードル生誕45周年を記念して「カップヌードルビッグ “謎肉祭” 肉盛りペッパーしょうゆ」を発売したことによって一気にその知名度を上げました。

小さい頃から当たり前すぎて気にしていなかった人も多いと思いますが、よくよく考えるとこの物体はまさに謎。

謎肉なんて呼ばれているから得体の知れないものが入っているんじゃないかと不安な人もいるんじゃないでしょうか。

カップヌードルの原材料を見ると、かやくの箇所には「味付豚ミンチ、味付卵、味付えび、味付豚肉、ねぎ」とあります。

味付豚ミンチと味付豚肉のどちらかが謎肉っぽいですよね。

日清食品の公式サイトによると、味付豚ミンチが謎肉なんだそうです。

味付豚ミンチ ⇒ 謎肉

味付豚肉 ⇒ ミンチポーク

しかし、一般人からすると、この違いもよくわからない・・・。

長い間ベールに包まれていた謎肉の正体ですが、遂にその正体が明らかにされました。

それは・・・

豚肉と大豆

謎肉は「豚肉・大豆・野菜由来の成分を混ぜてフリーズドライしたもの」だったのです。

謎肉は一度消滅していた!?

幼い頃から慣れ親しんできたカップヌードル。

そして定番の具材である謎肉。

当たり前の存在であった謎肉ですが、実は一度消滅していたんです。

時は2009年。

2009年のリニューアルで謎肉はサイコロ状のチャーシューであるコロ・チャーに置き換えられました。

このリニューアルの原因は大豆の高騰とも言われているそうです。

しかし謎肉からコロ・チャーへの転換は批判もあったそうです。

そこで2015年のリニューアルで謎肉とコロ・チャーの共存がなされたのです。

カップヌードルが謎肉増量でリニューアル!コロ・チャーはどうなった?

そんなカップヌードルは遂に謎肉増量で2019年10月21日にリニューアル発売しました。

内容量 78g(めん65g)
希望小売価格 193円(税抜)
発売日 2019年10月21日

今回、発表されたリニューアルの内容は「謎肉の増量」。

そしてコロ・チャーをすべて謎肉に置き換えるとのこと。

コロ・チャーは遂に姿を消し、謎肉オンリーとなるわけですね。

それはそれで寂しい気も・・・

紆余曲折を経て、原点回帰した感じです。

新旧カップヌードルの比較

それではリニューアルされて新しくなった、新カップヌードルと旧カップヌードルを比較してみたので、ご紹介します!

パッケージデザインの比較

旧カップヌードル

新カップヌードル

パッケージデザインはほぼ一緒。

側面に「謎肉増量」の文字が印字されているのと、以前は蓋に原材料が表記されていましたがリニューアル後の蓋には「謎肉増量」のデザインがされ、原材料は側面に表記されています。

これは一時的なもので、しばらくすればもとのパッケージデザインに戻るかもしれませんね。

原材料の比較

続いて原材料の違いを見ていきましょう!

旧カップヌードルの原材料

油揚げめん(小麦粉、植物油脂、食塩、チキンエキス、ポークエキス、しょうゆ、たん白加水分解物、香辛料)、かやく(味付卵、味付豚肉、味付えび、味付豚ミンチ、ねぎ)、スープ(糖類、粉末しょうゆ、食塩、香辛料、たん白加水分解物、香味調味料、ポークエキス、メンマパウダー)/ 加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、炭酸Ca、かんすい、カラメル色素、増粘多糖類、カロチノイド色素、乳化剤、酸化防止剤(ビタミンE)、香辛料抽出物、くん液、ビタミンB2、ビタミンB1、香料、酸味料、(一部にえび・小麦・卵・乳成分・ごま・大豆・鶏肉・豚肉を含む)

新カップヌードルの原材料

油揚げめん(小麦粉(国内製造)、植物油脂、食塩、チキンエキス、ポークエキス、しょうゆ、ポーク調味料、たん白加水分解物、香辛料)、かやく(味付豚ミンチ、味付卵、味付えび、味付豚肉、ねぎ)、スープ(糖類、粉末しょうゆ、食塩、香辛料、たん白加水分解物、香味調味料、ポーク調味料、メンマパウダー)/ 加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、炭酸Ca、カラメル色素、かんすい、増粘多糖類、カロチノイド色素、乳化剤、酸化防止剤(ビタミンE)、香辛料抽出物、くん液、香料、ビタミンB2、ビタミンB1、酸味料、(一部にえび・小麦・卵・乳成分・ごま・大豆・鶏肉・豚肉を含む)

原材料の違いはほぼないですね。

比較してみると表記がリニューアル後にこのように変わっていました。

小麦粉 ⇒ 小麦粉(国内製造)

ポークエキス ⇒ ポーク調味料

内容量の比較

旧カップヌードル 新カップヌードル
内容量 77g 78g
めん量 65g 65g

内容量は新カップヌードルの方が1g多いですね。

謎肉を増量したからかな😊

めん量には違いはなく同じ65g。

カロリーや成分の比較

続いてカロリーや成分の違いを見てみましょう!

旧カップヌードルのカロリーや成分

新カップヌードルのカロリーや成分

旧カップヌードル 新カップヌードル
熱量 353kcal 351kcal
たんぱく質 10.7g 10.5g
脂質 15.2g 14.6g
炭水化物 43.4g 44.5g
食塩相当量 4.9g 5.2g
 (めん・かやく) 2.4g 2.6g
 (スープ) 2.5g 2.6g
ビタミンB1 0.20mg 0.19mg
ビタミンB2 0.22mg 0.32mg
カルシウム 95mg 105mg

調理直後に分別して分析した熱量

旧カップヌードル 新カップヌードル
めん・かやく 335kcal 327kcal
スープ 18kcal 24kcal

カロリーは比較してみると新カップヌードルの方がわずかに少なくなっています。

めん・かやくとスープを分別したカロリーで見ると、めん・かやくは8kcal減少していますが、スープに関しては6kcal増加しています。

他の成分で気になるのは食塩相当量。

リニューアル後のカップヌードルは0.3g増加していますね。

アレルギー表示の比較

続いてアレルギー表示の違いを見てみましょう!

旧カップヌードルのアレルギー表示

新カップヌードルのアレルギー表示

新旧カップヌードルのアレルギー表示は共に「小麦・卵・乳成分・えび・豚肉・鶏肉・大豆・ごま」。

アレルギー表示の違いはありませんでした。

謎肉の比較

続いて、謎肉やかやくの違いを見てみましょう!

一番気になるのはここですよね😊

旧カップヌードルのかやく

新旧カップヌードルのかやく

旧カップヌードルの謎肉

新カップヌードルの謎肉

旧カップヌードルには謎肉とコロ・チャーが入っています。

角ばっている綺麗なダイス型がコロ・チャーです。

旧カップヌードルには謎肉が5個、コロ・チャーが5個入っていました。

新カップヌードルには謎肉が12個、トータルでも増量されていますね😊

画像の下の方の謎肉は小さいですが割れていたものなので1個とカウントしました。

あと気になったのは麺の位置。

カップヌードルは運搬中に麺が壊れないように底に間が空くように麺が入っています。

連続テレビ小説の「まんぷく」でもそんなエピソードがありましたね😊

けど新カップヌードルは前より麺が底に沈んでいる気がしました。

たまたまかな💦

えびが減った!?

今回のリニューアルで、ちょっと気になったのは「えび」。

旧カップヌードルにはえびが6個入っていたのに、新カップヌードルには4個でした(壊れていたのも含めて)。

旧カップヌードルのえび

新カップヌードルのえび

謎肉は増量して、えびちゃんは減量しちゃったのでしょうか・・・

味の比較

続いて味の違いをご紹介します!

旧カップヌードル

新カップヌードル

新旧カップヌードルの味の比較ですが、違いはほとんどわかりません(笑)

謎肉も美味しい😊

えびもうまいなー

弾力があって味わい深い✨

卵もスープを吸ってジューシー!

お馴染みの味わいで、相変わらずうまいですっ♪

ただ、よーく違いを探してみると、若干ですがリニューアル後のカップヌードルの方がしょっぱい。

塩分が強くなった気がします。

謎肉が増量されたことや食塩相当量も増加しているので、そのせいかもしれません。

まとめ&総評

今回は謎肉増量でリニューアルされたカップヌードルをご紹介しました。

謎肉は確かに増量されており、コロ・チャーはカップヌードルからは姿を消すことに。

その他に関しては大きな変化はなかったようです。

ただ、ちょっと気になったのは「えび」の存在。

たまたまかもしれませんが、今回入手した新カップヌードルではえびが減っていました。

謎肉を増量するため、えびが減量されていたとしたら少し残念・・・

カップヌードルのえびって謎肉に負けず劣らず、美味しいんですよね~

気になる方は是非、試してみてくださいね!

以上「カップヌードル謎肉増量でもあれが減った!?新旧の変化を比較してみた!」でした😊

シェアする

フォローする