【食べレポ】カップ麺一番人気のカップヌードルをレビュー

シリーズの中でも一番の人気を誇る「カップヌードル」。

その人気は日本だけでなく世界にも及ぶ、まさに日本を代表するカップ麺となりました。

もはや説明不要のキングオブカップ麺ですが、久しぶりに食べてみたこともあり今回はカップヌードルをレビューします。

商品概要

内容量 78g(65g)
希望小売価格 193円(税抜)
発売日 1971年9月18日
リニューアル日 2019年10月21日

  • 世界初のカップ麺
  • 謎肉増量でリニューアル

2018年2月22日にテレビ朝日で放送された「お願い!ランキング 本当に美味しいカップ麺総選挙」でもカップヌードルが堂々の1位となりました。

また、2019年10月21日のリニューアルで「謎肉」が増量。

その代わりレギュラーのカップヌードルでは「コロ・チャー」が廃止となりました。

原材料

【原材料名】
油揚げめん(小麦粉(国内製造)、植物油脂、食塩、チキンエキス、ポークエキス、しょうゆ、ポーク調味料、たん白加水分解物、香辛料)、かやく(味付豚ミンチ、味付卵、味付えび、味付豚肉、ねぎ)、スープ(糖類、粉末しょうゆ、食塩、香辛料、たん白加水分解物、香味調味料、ポーク調味料、メンマパウダー)/加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、炭酸Ca、カラメル色素、かんすい、増粘多糖類、カロチノイド色素、乳化剤、酸化防止剤(ビタミンE)、香辛料抽出物、くん液、香料、ビタミンB2、ビタミンB1、酸味料、(一部にえび・小麦・卵・乳成分・ごま・大豆・鶏肉・豚肉を含む)

カロリーや成分

栄養成分表示[1食 (78g) 当たり]
熱量:351kcal(めん・かやく:327kcal スープ:24kcal)
たんぱく質:10.5g
脂質:14.6g
炭水化物:44.5g
食塩相当量:5.2g(めん・かやく:2.6g スープ:2.6g)
ビタミンB1:0.19mg
ビタミンB2:0.32mg
カルシウム:105mg

アレルギー表示

【アレルゲン情報】
小麦・卵・乳成分・えび・豚肉・鶏肉・大豆・ごま

※使用する原材料の変更などによりアレルゲン情報が異なる場合があります。食べる際はパッケージのアレルゲン情報を確認してください。

食べてみた感想と評価

改めて食べてみると、やっぱうまいな~。

コク、旨味がしっかりとあり、スパイシーな味わい。

具材(かやく)は「味付豚ミンチ、味付卵、味付えび、味付豚肉、ねぎ」の5種類。

麺が見えないほどの量。

謎肉ばかりに注目が集まっていますが、海老もめちゃくちゃ美味しいんですよね。

弾力があって味わい深い……。

卵もスープを吸ってジューシー♪

具材のクオリティが半端じゃないです。

連続テレビ小説「まんぷく」を見た後だからか、この開発に色々とあったのかと思うと感慨深い。

カップヌードルの評価

おすすめ度

コク
旨味
辛味

麺の美味しさ
スープの美味しさ
具材(かやく)
コスパ

幼い頃はよく食べていたカップヌードル。

大人になるにつれ、色々なカップ麺が発売されたこともあって、食べる機会が減っていました。

最後に食べたのはいつだろうと思い出せないほど。

でも、久しぶりに食べてみるとやっぱりこれが一番うまい。

うまいし、安心するというか、なんだか懐かしい気分にもなります。

日本が世界に誇る「キングオブカップ麺」。

だいぶ食べていないなぁという人は久しぶりにいかがですか?

カップヌードルが謎肉を増量して4年半ぶりにリニューアルしました。コロ・チャーはどうなるのか!そしてえびが減った?カップヌードルはどう変化したのか比較してみました!

シェアする

フォローする