新しくなった本麒麟はうまい?まずい?その味と評価はいかに!?

キリンの新ジャンルビール、本麒麟が新しくなりました!

その味と評価はどうなのか!?

はたして、うまいのか、それともまずいのか・・・。

飲んでみた感想などをまとめてみましたので、ご覧ください!

新しい本麒麟が完成!

本麒麟がリニューアルして登場しました!

本麒麟はキリンビール過去10年間の新商品のなかで売り上げがNo.1のヒット商品だそうですよ。

【新しい本麒麟のポイント】

・ドイツ産ヘルスブルッカーホップを増量し、コクが力強く進化

・低温熟成期間を1.5倍にし、雑味のない味わいを実現

・アルコール度数6%で、高い飲みごたえ

本麒麟のカロリーなど

エネルギー 47kcal
たんぱく質 0.4g
脂質 0g
炭水化物 2.6g
糖質 2.5g
食物繊維 0~0.2g
食塩相当量 0g
アルコール度数 6%

※カロリーなどは100mlあたり

本麒麟はうまくなったのか!?飲んだ感想は?

本麒麟を飲んでみた感想としては、まず最初に、ズシリとくる感じがします!

なんとも重厚感のある新ジャンルビールですね。

苦みとコクもあって、うまいです!!

飲んだ後も、心地いい余韻が続きます・・・。

炭酸も強めで好みの味でしたよ。

さて、いかがでしたでしょうか?

今回は、新しい本麒麟をご紹介しました。

個人的には、炭酸も強めで、キレもあり、そしてコクと苦みを感じることができる、好みの新ジャンルビールでした!

機会があれば、是非!!

シェアする

フォローする