金麦ゴールド・ラガーはうまいのか?その評価と金麦との違いとは!?

金麦ゴールド・ラガーを飲んでみました。

苦いという意見もあるようですが、果たしてうまいのか、まずいのか。

その評価とは?

そして金麦をどう違うのか!?

飲んだ感想やカロリーなどもまとめてみましたので、ご覧ください!

金麦ゴールド・ラガーとは??

金麦ゴールド・ラガーは、力強い飲みごたえとコク、そしてビールのような味わいが特長の新ジャンルビールです。

旨味麦芽というものを使用しており、二段仕込製法で、力強い飲みごたえとコクを出し、そして独自のHHS製法による締まりのある刺激感、ビターホップによる苦味で味わい深い新ジャンルビールとなっています。

※【旨味麦芽】二条大麦麦芽の中でも、うまみ成分(たんぱく質)を多く含む麦芽

※【二段仕込製法】仕込釜で煮沸工程を2回繰り返すことでしっかりと濃厚な麦汁をつくりだし、金麦〈ゴールド・ラガー〉ならではの麦芽本来の旨みを引き出すための手間を掛けた製法

※【HHS製法】High temperature High pressure Steam:高温高圧蒸気

サントリーホームページより https://www.suntory.co.jp/news/article/13356.html

【内容量】350ml・500ml

【発売日】2019年2月5日

金麦ゴールド・ラガーのカロリーなど

エネルギー 48kcal
たんぱく質 0.1~0.3g
脂質 0g
糖質 2.7g
食物繊維 0~0.2g
ナトリウム 0~7mg
アルコール度数 6%

※100mlあたり

金麦ゴールド・ラガーを飲んだ感想

まず泡立ちがとても良く、なめらかな泡が心地いいです。

味はラガーということで、苦みとコクがあって、本物のビールに近い味わいを楽しむことができますよ。

苦みが強いビールは飲みこんだあとも、舌に苦みが残っていたりしますが、金麦ゴールド・ラガーは飲みこんでも、すっと後味が消えるのでとても飲みやすいです!

金麦ゴールド・ラガーと金麦の違いは?

サントリーホームページより https://www.suntory.co.jp/news/article/mt_items/l_13354-2.jpg

金麦ゴールド・ラガーと金麦の一番の違いは何と言っても苦みとコクです。

金麦にも苦みとコクはありますが、金麦ゴールド・ラガーはより強く感じられます。

それが、ビールのような飲みごたえとなる要因となっています。

そのためアルコール度数も違います。

金麦のアルコール度数が5%なのに対して、金麦ゴールド・ラガーは6%です。

どちらか迷ったら、よりビールのような苦みとコクが欲しいなら金麦ゴールド・ラガー、苦みは苦手という人は金麦をチョイスすると良いと思います!

さて、いかがでしたでしょうか?

今回は金麦ゴールド・ラガーをご紹介しました。

個人的には好みの新ジャンルビールだったので、また飲んでみようと思います!

興味のある方は是非!!

シェアする

フォローする