缶チューハイでは唯一のフレーバー!?キリン本搾り四季柑を飲みレポ!

2020年1月28日に発売されたキリンのチューハイ「本搾り 四季柑」を飲んでみました。

あまり聞いたことのない果実ですが、その味はうまいのか、まずいのか。

飲んでみた感想や評価などをレビューします。

商品概要

公式サイトより

アルコール分 6%
果汁 15%
容量 350ml缶・500ml缶
発売日 2020年1月28日

【特長】

四季を通じて花が咲く南国の柑橘、「四季柑」を一部使用した、たっぷり果汁とお酒だけでできている、爽やかな酸味とジューシーな果実味が楽しめるチューハイです。

公式サイトより

四季柑とは?

四季柑(しきかん)は「カラマンシー」とも呼ばれる東南アジアで栽培されている柑橘類の一種。四季を通して花が咲くことから四季柑と呼ばれている。

原材料

【原材料名】
カラマンシー、オレンジ、うんしゅうみかん、レモン、ウオッカ/炭酸

カロリーや成分

【栄養成分表示(100ml当たり)】
エネルギー:40kcal
たんぱく質:0g
脂質:0g
炭水化物:0.6~1.9g(糖類:0.1~1.3g)
食塩相当量:0g

味の感想と評価

それでは実際に「本搾り 四季柑」を飲んでみた感想をご紹介します。

飲んでみると、今までに味わったことのない不思議な味がしました。

少しだけ苦味があり、それがどことなくグレープフルーツに近い味わいにも感じます。

酸味もあるので「グレープフルーツ」と「かぼす」を足して2で割ったような感じもしました。

ドライな風味で飲みやすく、食事にも合います。

味の評価

おすすめ度

果汁感
甘味
爽快感
アルコールの強さ
炭酸の強さ
飲みやすさ
風味
華やかさ
バランス
食事との相性

 

合うおつまみ・料理など

シークヮーサーなどと比べると少し癖のある風味ですが料理との相性は良いです。

和食、洋食ともに合うと思いますが、どちらかというと洋食の方が合うと思います。

さっぱりと爽快感のある風味なので濃い味のものより、少し淡泊なものがおすすめです。

 

気になる方は是非、飲んでみてください。

以上「【レビュー】キリン本搾り四季柑の味はうまい?まずい?」でした😊

シェアする

フォローする