一平ちゃん夜店の焼そばシリーズ最強ランキング!一番美味しいのとまずいのはこれ!

人気カップ焼きそばのひとつ一平ちゃん夜店の焼そばをおすすめランキングでご紹介します。

色んな種類が発売されましたが、美味しい商品もあれば、正直美味しくない商品もありますよね。

そこで、シリーズの中で一番うまいのと一番まずいのはどれなのか、一平ちゃん好きが食べ比べてみた感想や評価などをレビューします😊

変わり種や一平ちゃんの名前の由来もご紹介しますので、ご覧ください。

【第9位】わさびマヨ醤油味

内容量 127g(めん100g)
希望小売価格 180円(税抜)
発売日 2018年年3月5日

 

『ソースとマヨネーズ、そしてかやくにもわさびが入ったわさびづくしの一平ちゃん』

おすすめ度

 

一平ちゃんは色々と変わり種のフレーバーを発売していますが、これもそのひとつと言えるかもしれません。好き嫌いが分かれそうな味わいですが、正直、個人的には美味しくない……。わさびの風味はしっかりと感じます。というか、わさびの風味でむせます💦でも、わさびと焼きそばがあまり合わないかも……。

 

一平ちゃん夜店の焼そば<わさびマヨ醤油味>を食べてみました。ソース・マヨネーズ・かやくにわさびが入った、まさにわさびづくしの一平ちゃん。どれだけ辛いのか?むせるだけでまずいんじゃないの?そもそも、わさびと焼きそばって美味しいのか?食べた感想や評価などをレビュー。

 

【第8位】麻辣味(マーラーあじ)

内容量 128g(めん100g)
希望小売価格 180円(税抜)
発売日 2018年9月10日

 

『花椒の刺激と唐辛子の辛さで旨辛の唐辛子マヨつき醤油味』

おすすめ度

 

かなり辛いです!舌がしびれるほど。けど辛いだけでなく、しっかりと美味しい。

 

一平ちゃん夜店の焼そば麻辣味を食べてみました。花椒の刺激と唐辛子の辛さの旨辛が特長の唐辛子マヨつき醤油味の一平ちゃん。なんとも辛そうな感じですが、その味はうまいのか、まずいのか!?食べてみた感想や評価をレビューします。

 

【第7位】大盛炙りいか風醤油味

内容量 158g(めん130g)
希望小売価格 205円(税抜)
発売日 2019年4月22日

 

『屋台や居酒屋メニューをイメージした家飲みに合う一平ちゃん』

おすすめ度

 

醤油の香ばしい風味。少しピリ辛なところがアルコールにも合いそう。具材のイカも食べ応えのあるサイズなのが嬉しいですね。

 

「一平ちゃん夜店の焼そば大盛炙りいか風醤油味」を食べてみましたよ♪果たしてその味は美味しいのか!?それともまずいのか・・・。食べてみた感想やカロリーなどをまとめましたのでご覧ください!

 

【第6位】焦がしにんにくたまり醤油味

内容量 110g(めん90g)
希望小売価格 180円(税抜)
発売日 2019年1月7日

 

『ガツン系の“焦がしにんにく”と一味違う弾力のある中太麺』

おすすめ度

 

にんにくの香ばしい匂い。食欲をそそられます。少し太めの麺で、こってりとした「たまり醤油」とマヨネーズの組み合わせが最高。

 

一平ちゃん夜店の焼そば焦がしにんにくたまり醤油味を食べてみました。にんにく醤油とこってりマヨネーズが絡む醤油味焼きそば。ガッツリ系な感じですが、果たしてその味はうまいのか?まずいのか?食べてみた感想や評価をレビューします。

 

【第5位】豚旨塩だれ味

内容量 132g(めん100g)
希望小売価格 193円(税抜)
発売日 2006年
リニューアル日 2019年3月18日

 

『ポークオイルを加え豚肉の濃厚な味わいに』

おすすめ度

 

豚の背脂のようなコクと旨味があります。塩ダレらしくさっぱりとしつつ、スパイスが利いていて美味しいです。

 

一平ちゃん夜店の焼そば 塩だれ味が豚旨塩だれ味となってリニューアルしました!豚旨となって、うまくなったのか?それとも、まずくなってしまったのか!?食べてみた感想やカロリーなどの情報をまとめましたので、ご覧ください!

 

【第4位】スコーンがっつきバーベキュー味

内容量 116g(めん90g)
希望小売価格 193円(税抜)
発売日 2019年11月11日

 

『一平ちゃんと湖池屋スコーンのコラボ商品』

おすすめ度

 

「スコーンがっつきバーベキュー」の味わいがかなり忠実に再現されています。スナック菓子のような風味がありつつ、チープな味わいではなくしっかり美味しいのがすごいです。

 

2019年11月11日に発売された「一平ちゃん夜店の焼そばスコーンがっつきバーベキュー味」を食べてみました。肉の旨みがきいた食べ応えあるスパイシーな味わい。その味はうまいのか、まずいのか。食べてみた感想や評価などをレビュー。

 

【第3位】辛子明太子味

内容量 126g(めん100g)
希望小売価格 193円(税抜)
発売日 2006年

 

 

『コクのある明太子マヨとピリッとした刺激が食欲をそそる一品』

おすすめ度

 

ソースと明太子と味の濃い同士なのでケンカしそうな感じですが、うまくまとめてきた印象です。お互いの良さを引き出しあっていて相乗効果が生まれています。

 

一平ちゃん夜店の焼そば辛子明太子味を食べてみました。食べ応えのあるガッツリ系の特製明太子マヨ。果たしてその味はうまいのか?それともまずいのか?食べてみた感想や評価などをレビュー!

 

【第2位】太麺甘濃ソース味

内容量 131g(めん100g)
希望小売価格 193円(税抜)
発売日 2019年8月12日

『もっちりした太麺と甘濃ソースの組み合わせを楽しめる一平ちゃん』

おすすめ度

お好み焼きソースのような甘味のあるソース。このソースにもからしマヨネーズがピッタリ合います。太麺も食べ応えがあってソースとの相性もバッチリ。

明星一平ちゃん夜店の焼そば太麺甘濃ソースを食べてみました。もっちりした食感の太麺と甘濃いソースの味わいが特長のからしマヨネーズ付きソース焼そば。その味はうまいのか、まずいのか。食べてみた感想や評価などをレビューします。

【第1位】一平ちゃん夜店の焼そば(オリジナル)

内容量 135g(めん100g)
希望小売価格 193円(税抜)
発売日 1995年2月

『ソースとからしマヨネーズの絶妙な組み合わせが癖になる一品』

おすすめ度

第1位はオリジナルの一平ちゃん夜店の焼そば。やっぱりこれに敵うフレーバーはまだないですね。からしマヨネーズとソースの相性が抜群。鼻を抜ける感じが病みつきになります。一平ちゃんに出会ってから普通の焼きそばにもマヨネーズをかけるほどハマりました。自作でからしマヨネーズも作ってみましたよ。

からしマヨネーズの作り方

実は私、カップ焼きそばの一平ちゃん夜店の焼そばの大ファンなんです。一平ちゃんには、からしマヨネーズが付いているのですが、一平ちゃんの美味しさはこのからしマヨネーズがミソだと思うんです!そこで、からしマヨネーズを再現してみたので、作り方を紹介します!

詳しいレビューはこちら

明星食品から販売されている、からしマヨネーズでお馴染みの「一平ちゃん夜店の焼そば」。これが本当にうまい!食べたことがないという人は是非、一度、ご賞味くださいませ!!

「一平ちゃん」シリーズで一番美味しくなかったのは?

では今回、ご紹介した一平ちゃん夜店の焼そばシリーズの中で一番美味しくなかったのは・・・

わさびマヨ醤油味!

開発した人、ごめんなさい💦

ノーマル一平ちゃんはソースとからしマヨネーズが相乗効果を生む美味しさですが、わさびマヨ醤油味はわさび醤油とマヨネーズの味がするだけでした・・・

ノーマルのように醤油ではなくソースでいただいてみたいなぁと思いました😊

あとわさびのツーンとした感じが強烈だったので、ほんのりとわさびの風味がする感じで(笑)

「一平ちゃん」シリーズで一番美味しかったのは?

最後に一番美味しかった一平ちゃんもご紹介します!

一番美味しかったのは・・・

 

一平ちゃん夜店の焼そば!

 

「やっぱりね」という声が聞こえてきそうですが、これを超える味は今のところないですね。

もうウマすぎです♪

中学生の頃からハマりましたが、それ以来、大ファンでございます😊

 

一平ちゃんランキング

順位 商品名 おすすめ度
一平ちゃん夜店の焼そば(オリジナル)
太麺甘濃ソース味
辛子明太子味
スコーンがっつきバーベキュー味
豚旨塩だれ味
焦がしにんにくたまり醤油味
大盛炙りいか風醤油味
麻辣味(マーラーあじ)
わさびマヨ醤油味

 

一平ちゃんシリーズのカロリー比較

大盛炙りいか風醤油味 715kcal
豚旨塩だれ味 624kcal
一平ちゃん夜店の焼そば(オリジナル) 607kcal
麻辣味(マーラーあじ) 595kcal
わさびマヨ醤油味 592kcal
辛子明太子味 574kcal
太麺甘濃ソース味 568kcal
スコーンがっつきバーベキュー味 525kcal
焦がしにんにくたまり醤油味 492kcal

※1食あたり

 

「一平ちゃん夜店の焼そば」っていつからあるの?

「一平ちゃん夜店の焼そば」は明星食品株式会社から発売されているカップ焼きそば。

明星食品(株)はスープを粉末化し個包装する「スープ別添方式」を考案。

それまで麺に味付けするのが一般的でしたが、これにより味のバリエーションが広がり、各社がその技術を採用。

今に至るまでその技術が使われています。

1966年に人気商品となった「明星チャルメラ」を発売。

チャルメラとは?
「チャルメラ」とは木製楽器の一種。唐人笛と呼ばれていたこともあるが江戸時代にポルトガル人が「チャラメラ」と呼んでいたことから「チャルメラ」になった。屋台の客寄せとしてお馴染みのメロディーを奏でるようになる。

1993年「一平ちゃんシリーズ」を発売。

最初は焼きそばではなくカップラーメンが発売されたんですね。

それから2年。

1995年2月に「一平ちゃん夜店の焼そば」が誕生しました。

カップ焼きそばにマヨネーズ、しかも「からしマヨネーズ」という斬新さがウケて、後発ながら一躍人気商品となりました。

「一平ちゃん」って誰?名前の由来とは?

1993年にカップラーメンの「一平ちゃん」が発売され、1995年には「一平ちゃん夜店の焼そば」が誕生し、当たり前のように一平ちゃんを見かけるので気にも留めなかったのですが「一平ちゃん」の名前って変わっていますよね。

ちょっと気にしてみてみると「一平ちゃん」って誰?

って思いません?

社長の名前?

開発者の名前?

色々と想像できますが、名前の由来は何なんでしょう。

調べてみると公式サイトに名前の由来が掲載されていました。

それによると『平成の時代で一番のラーメンになる」という願いが込められているそうです。

平成の「平」と一番の「一」を取って一平ちゃんということですね。

焼きそばとしても平成一美味しい商品を目指して「夜店の焼そば」も発売されました。

私は「一平ちゃん好き」なので、一平ちゃんが平成一美味しいカップ焼きそばだと思います!

時代は変わり令和となりました。

令和も是非、一番を目指して欲しいですね😊

令和一とすると「一令ちゃん」?

それとも「一和ちゃん」?

ちょっと微妙なネーミングですが、限定商品でそんなカップ焼きそばを発売しても面白そうですね!

売ってない!?一平ちゃんのラーメンは販売終了した?

一平ちゃんといえば「夜店の焼そば」ですが、実はラーメンも作っているって知っていますか?

昔はよくスーパーなどでも見かけましたし、醤油やとんこつなど自分も好きでよく食べていましたが、最近はあまり売っていないので販売を終了したのかなと思っている方もいるかもしれませんね。

しかし今でも一平ちゃんのカップラーメンは販売されています。

最近では2019年12月2日に「一平ちゃん大盛焦がしにんにく仕上げカレーうどん」が発売されましたし、2018年8月6日には「一平ちゃん大盛赤辛豚味ラーメン」が発売されています。

もし見かけたらちょっとラッキーかも!?

 

以上「一平ちゃん夜店の焼そばシリーズ最強ランキング!一番美味しいのとまずいのはこれ!」でした!

最後までお読みいただきありがとうございます😊

シェアする

フォローする