うまい?まずい?果実の瞬間シリーズを一挙ご紹介!

アルコール

今回は果実を食べた瞬間のみずみずしい味わいにこだわったアサヒチューハイ「果実の瞬間」をご紹介します。実際に飲んでみた全種類の感想をレビューします。新商品から過去の期間限定商品まで一挙にご紹介しますので、是非ご覧ください!

愛媛産夏みかん

【商品情報】アルコール分:4% 果汁:0.5% 発売日:2020年5月26日

【おすすめ度】

夏限定で発売されたアサヒチューハイ「果実の瞬間」です。夏みかんならではの柑橘系のさわやかな香りと、みずみずしい甘みを楽しめる商品です。飲んでみると見た目以上にみかんの爽やかで華やかな風味がしっかりと感じられます!みかんの酸味は控えめで、まろやかな口あたり。やや甘味も強めで飲みやすく仕上がっています!アルコール分は4%と低めで、実際に飲んでみてもアルコール感は控えめなので気軽に飲めるのも嬉しいですね!

茨城産アンデスメロン

【商品情報】アルコール分:4% 果汁:0.5% 発売日:2020年5月26日

【おすすめ度】

アンデスメロンはアンデスと名前についているので、てっきりアンデス山脈近辺が原産地なのかと思いきや、日本で生まれたメロンなんだそうです。種苗会社のサカタのタネが開発したメロンなのですが、じゃあ何故アンデスなのかと言うと、もともとは「安心ですメロン」という名前だったのがあまり評判が良くなかったそうで、それを略して「アンデスメロン」になったとか(笑)。
飲んでみた感想ですが、これはうまい!見た目からは想像できないほどメロンの果汁感がすごいです!よくあるメロン味ではなく、芳醇で華やかな味わい。やや甘味が強いですが、甘すぎずバランスも良いです。

和歌山産はっさく

【商品情報】アルコール分:4% 果汁:1.3% 発売日:2020年2月18日

【おすすめ度】

飲んでみると、果汁感がすごいです!八朔ということで何となく、さっぱりとした味わいを想像していましたが、しっかりとした果汁感です。八朔の瑞々しくて爽やかな風味。酸味もあって爽快感も最高です。八朔そのものには苦味があるのですが、このチューハイではあまり気になりませんでした。
八朔(はっさく)という名前を聞いたことがある人や食べたことがある人は多いかと思いますが実際にはどんな果実なのか知らない人もいるのではないでしょうか。そこでちょっと脱線して「八朔」について解説します。八朔は日本原産のミカン科で柑橘類です。八朔(八月朔日の略・旧暦の8月1日)の頃から食べられるということからその名がついたそうです。しかし、その時期の八朔の実は小さく食べ頃ではないので、実際には12月~2月に収穫し1~2ヶ月冷暗所で熟成させてから出荷するのが一般的だとか。果皮が厚く、また「じょうのう膜」もミカンなどに比べると厚いので通常は膜も剥いて食べます。果肉は歯ごたえのある食感で、適度な苦味と酸味があります。栄養面も優秀でビタミンC、葉酸、カリウム、食物繊維などを多く含んでいます。発祥とされる原木は広島県尾道市因島田熊町の浄土寺で発見されたそうですが、生産量は和歌山県がダントツです。

山梨産ピオーネ

【商品情報】アルコール分:4% 果汁:0.4% 発売日:2019年8月27日

【おすすめ度】

飲んでみた感想ですが、風味が良く、ぶどうジュースのような感じ。濃厚というよりは、さっぱりとしていて飲みやすいチューハイでした😊ちなみにピオーネとは黒ぶどうの種類で、甘みが強くありつつ爽やかな酸味で、すっきりとした味が特徴。

福島産和梨

【商品情報】アルコール分:4% 果汁:1.5% 発売日:2019円8月27日

【おすすめ度】

全体的にはすっきりとしていて飲みやすいです。薄いというわけでもなく梨の味わいもしっかりと出ています。特に最後の余韻で梨の風味がふわっと感じることができますよ。
タイトルとURLをコピーしました