マグナムドライが復活!うまくなって帰ってきたのか!?飲んでみた感想とレビュー

マグナムドライが復活!

新ジャンルビールとなって帰ってきました!

懐かしいですね~。というか、いつの間にか販売終了していたんですね。

生まれ変わって美味しくなったのでしょうか!?

というわけで、飲んでみた感想やカロリーなどの情報をまとめましたので、ご覧ください!

新しい「マグナムドライ」はどう変わったのか?

1999年に発売されたマグナムドライ(MD)。

当時は発泡酒でしたね。

辛口キレ系の発泡酒とファンも多かったマグナムドライですが、2012年にサントリーが発泡酒の製造を終了したことで、その姿を消しました。

しかし時が経ち、新ジャンルビール市場に本格キレ系というカテゴリーをということで、ついにマグナムドライが新ジャンルビールとして2019年4月2日に復活しました!

新しい「マグナムドライ」は、サントリー最高の発酵度にし究極のキレを実現。

独自の製法で作り上げたドライ麦芽を増量することによって、ドライ刺激を強化。

さらにアルコールは6%で、飲みごたえもあるとのこと。

「本辛口」「究極のキレ」と缶にも記載があり、ドライ系が好きな筆者は興味津々でございます!

「マグナムドライ」のウルトラマン風CMが話題に!?

マグナムドライが新ジャンルビールとなって帰ってきたということで、CMは「帰ってきたウルトラマン」風で作成。

反町隆史さんとEXILEのNAOTOさんが出演されています。

テーマソングも「帰ってきたウルトラマン」の替え歌バージョンとなっており、ボーカルは竹内浩明さん、コーラスが安田みずほさん、秦千香子さんだとか。

なんとも茶目っ気のあるCMですね~。

初回限定とかでウルトラマン風「帰ってきたマグナムドライ」と記載のあるバージョン缶があっても面白そう。

新しい「マグナムドライ」はうまい?まずい?飲んでみた感想とレビュー

では、新しい「マグナムドライ」を飲んでみた感想です!

グラスに注いでみた感じですが、泡立ちは良いです。ただ、少しキメが粗く泡がすぐになくなってしまったのが気になります。

味はコクがあって美味しいです!

全体的に濃い味わい。

コクの他に、旨味のような味わいもあります。多分、麦の旨味なのかなと。

この味わいは他にはないですね。

アルコール高めで濃い味の新ジャンルビールは、くどくなりがちなのですが、新しい「マグナムドライ」はドライ系なのでコクもありつつ苦みや雑味が少ない感じ。

キレもあり、後味がさっぱりとして飲みやすいです。

気になったのは、やはり炭酸。

炭酸があまり強くなく、少し気の抜けた感じ。

もう少し炭酸が強い方がキレ味や爽快感が増して良かったのでは?という感想です。

新しい「マグナムドライ」のカロリーなど

エネルギー 45kcal
たんぱく質 0.1~0.3g
脂質 0g
糖質 2.0g
食物繊維 0~0.2g
ナトリウム 0~7mg

※100mlあたり

まとめ

さて、いかがでしたでしょうか?

今回は新しい(帰ってきた)「マグナムドライ」をご紹介しました。

ファンも多い商品だったので復活して喜んでいる方もいると思います!

是非、飲んでみてくださいね!

以上「マグナムドライが復活!うまくなって帰ってきたのか!?飲んでみた感想とレビュー」でした。

最後まで、読んでいただきありがとうございます!!

シェアする

フォローする