カップ焼きそばに牡蠣!?オタフクお好みソース味焼そば焼き牡蠣風味を食べレポ

サッポロ一番 オタフクお好みソース味焼そば焼き牡蠣風味を食べてみました。

これは広島が誇る「オタフクソース」と広島名産「牡蠣」、広島ホームテレビの人気番組「みみよりライブ 5UP!」とのタイアップ商品らしいです。

その味はうまいのか、まずいのか。

食べてみた感想や評価をレビューします。

商品情報

サッポロ一番公式サイトより

内容量 112g(めん85g)
希望小売価格 193円(税抜)
発売日 2020年2月3日

サッポロ一番から発売された「オタフクお好みソース味焼そば焼き牡蠣風味」。

焼き牡蠣風味って珍しいですね。

恐らくカップ焼きそばでは初のフレーバーではないでしょうか。

商品の特長は以下の通り。

広島が誇る「オタフクソース」と広島名産「牡蠣」、広島ホームテレビの人気番組「みみよりライブ 5UP!」とのタイアップ商品です。
コシがあり、もっちりとした食感のナチュラルなストレートの中太めんです。
オタフクソース株式会社と共同開発した果実や野菜をふんだんに使用したまろやかなソースに、カキエキスと香ばしい醤油の風味を合わせました。
焼そばに定番のキャベツを具材に使用しました。

サッポロ一番公式サイトより

 

原材料

【原材料名】
油揚げめん(小麦粉(国内製造)、植物油脂、食塩、粉末卵)、ソース(ソース、カキエキス、植物油脂、豚脂、砂糖、しょうゆ、食塩、ホタテエキス)、かやく(キャベツ)/加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、カラメル色素、酒精、炭酸カルシウム、香料、かんすい、レシチン、増粘剤(加工でん粉、増粘多糖類)、酸化防止剤(ビタミンE)、ビタミンB2、ビタミンB1、くん液、(一部に小麦・卵・乳成分・大豆・鶏肉・豚肉・もも・りんご・ゼラチンを含む)

 

カロリーや成分

【栄養成分表示 1食(112g)当たり】
エネルギー:467kcal
たんぱく質:9.0g
脂質:19.3g
炭水化物:64.4g
食塩相当量:4.3g
ビタミンB1:0.33mg
ビタミンB2:0.58mg
カルシウム:227mg

 

アレルギー情報

【アレルギー物質】
小麦・卵・乳成分・大豆・鶏肉・豚肉・もも・りんご・ゼラチン

※使用する原材料の変更などによりアレルゲン情報が異なる場合があります。食べる際はパッケージのアレルゲン情報を確認してください。

 

かやく・ソースなど

オタフクお好みソース味焼そば焼き牡蠣風味の別添えは液体ソース。

見た目的にはかなり濃厚そうな感じです。

ソースに「カキエキス」が入っています。

 

かやく(具材)はキャベツのみ。

かやくは別添えではなく、麺の下に入っているタイプ。

 

作り方・調理方法

お湯の目安量 530ml
待ち時間 3分

調理方法は一般的なカップ焼きそばと変わりはありません。

中にある液体ソースを取り出してからお湯を注いでください。

液体ソースは蓋の上で温めるとの注意書きはないですが、綺麗に出し切るために温めてからかけてみました。

こってりとしたソースなので、温度の低いところで保管していた場合は温めた方が良いかもしれません。

 

味の感想と評価

ソースの味は濃いめで「まったり」としています。

一般的なカップ焼きそばのソースの味とはちょっと違いますね。

ソースに「カキエキス」が入っているのですが正直、牡蠣の風味がするかというと微妙です。

ただ「カキエキス」だけでなく「ホタテエキス」も入っており、魚介の風味があり旨味とコクも感じられます。

塩分も強く、しっかりとした味わいでした。

牡蠣ということで生臭さがあるのかと思いましたが、そういった風味はなく食べやすかったです。

ただ個人的にはもう少し塩分控えめの方が良かったかなぁという感想です。


かやく(具材)はキャベツのみ。

牡蠣を使っているので、同じ海の幸の「青のり」なども合いそう。

 

麺はコシがあり、しっかりとした食べ応えのある食感。

このソースとの相性も良いです。

 

評価

おすすめ度

コク
旨味
辛味

麺の美味しさ
ソースの美味しさ
具材(かやく)
コスパ

 

今回はカップ焼きそばとしては珍しい「牡蠣」を使った商品をご紹介しました。

気になる方は是非、食べてみてくださいね。

 

以上「【レビュー】サッポロ一番 オタフクお好みソース味焼そば焼き牡蠣風味の味はうまい?まずい?」でした😊

シェアする

フォローする