食事との相性が抜群!サッポロ 銀座ライオンビヤホール 達人の生を飲みレポ

2019年12月17日に発売された「サッポロ 銀座ライオンビヤホール 達人の生」を飲んでみました。

「日本最古のビヤホール銀座ライオンが監修する達人のビール」とのこと。

その味はうまいのか、まずいのか。

飲んでみた感想や評価などをレビューします。

商品情報

公式サイトより

 

アルコール分 5.5%
容量・容器 350ml缶・500ml缶
発売日 2019年12月17日

 

【特長】
この商品は、当社のグループ企業である(株)サッポロライオンの代表的店舗、現存する日本最古のビヤホール「ビヤホールライオン 銀座七丁目店」のビール注ぎの達人「井上克己(いのうえかつみ)」が注ぐ伝統の「一度注ぎ」生ビールの美味しさを追求し、苦みを抑えた味わいと、すっきりとしたのどごしを実現しました。

【中味特長】
・苦みを抑えた味わいと、すっきりとしたのどごしの麦芽100%ビール。
・カラメル麦芽を一部使用し、やや濃い色合い。

(公式サイトより一部抜粋)

 

原材料

【原材料名】
麦芽(外国製造又は国内製造(5%未満))、ホップ

 

カロリーや成分

【栄養成分表示(100ml当たり)】
エネルギー:44kcal
たんぱく質:0.5g
脂質:0g
炭水化物:3.0g(糖質:2.9g 食物繊維:0~0.2g)
食塩相当量:0g

 

味の感想と評価

それでは実際に「サッポロ 銀座ライオンビヤホール 達人の生」を飲んでみた感想をご紹介します。

 

泡立ちはまずまずといったところ。

キメは粗いですが、消えにくく力強い泡立ちです。

 

色見は公式サイトにもあったように、カラメル麦芽を一部使用しているということもあり、濃い色合いをしています。

 

飲んでみると、かなりまろやかな口当たり。

酸味もあってビールらしい味わいがします。

コクや旨味などもあり重厚感がありつつ、後味はスッキリとしていて飲んだ瞬間「この後苦味が来るな」と思いきや来ないという不思議な感じがします。

くしゃみが出そうで出ないみたいな。

恐らく脳に記憶されている感覚なのだと思いますが、このテイストのパターンなら飲んだ後に、ぶわっと苦味が来るのでしょう。

でも来ない。

苦味は、ほのかに残る程度で余韻が心地いい。

華やかさもあり、香りも良いです。

食事との相性が抜群で、飲むほどに食欲が増していく不思議な美味しさがあります。

 

評価

おすすめ度

旨味
苦味
甘味
渋味
酸味
のどごし
キレ
コク
華やかさ
泡立ちの良さ
飲みやすさ
炭酸の強さ

 

気になる方は是非、飲んでみてくださいね。

以上「【レビュー】サッポロ 銀座ライオンビヤホール 達人の生はうまい?まずい?」でした😊

シェアする

フォローする