国営武蔵丘陵森林公園に赤ちゃん連れで行ってみた!見どころやおすすめスポットをご紹介!

国営武蔵丘陵森林公園に1歳になる赤ちゃんを連れて遊びに行ってきました!

園内はなんと東京ドーム65個分もの広さがあるらしく、ネモフィラやルピナス、ポピーなどの花畑が綺麗な公園です。

アスレチックができる冒険コースやむさしキッズドーム、ぽんぽこマウンテン、じゃぶじゃぶ池など子どもが喜びそうなスポットも沢山ありますよ😊

授乳室やベビー施設、他にも見どころやおすすめスポットをまとめましたので、ご覧ください!

国営武蔵丘陵森林公園マップ

国営武蔵丘陵森林公園ホームページより
(クリックすると拡大します)

散策マップやサイクリングコースマップなどはこちら

国営武蔵丘陵森林公園の広さはどれくらい?

国営武蔵丘陵森林公園(こくえい むさしきゅうりょうしんりんこうえん)はなんと東京ドーム65個分の広さがあります。

東京ドーム65個分って言われてもピンときませんよね(笑)

国営武蔵丘陵森林公園の広さは304 haなので3.04 km²。

これでもいまいちわかりにくいですね。

東京ディズニーランドの広さが0.465 km²なので・・・

約6倍!

ディズニーランドだけでも全部まわるのは大変なのに、その6倍もあったら一日で全部を遊び尽くすのは難しそう・・・

なので森林公園ではエリア別、目的別に遊ぶのがおすすめです!

エリア別の見どころやおすすめスポット一覧

北口エリア ドッグラン
西口エリア わんぱく広場冒険コース
むさしキッズドーム
じゃぶじゃぶ池(水遊び場)
西口BBQ Forest MORE
西口広場
渓流広場
花畑(ネモフィラ)
中央口エリア 都市緑化植物園
ハーブガーデン
ボーダー花壇
植物園展示棟
公園・庭園樹園(ルピナス)
カエデ園
やまゆりの小径
彫刻広場
南口エリア ぽんぽこマウンテン
運動広場
野草コース
梅林(花木園)
桜(花木園)
椿園
運動広場花畑(ポピー畑)

これだけはして欲しい!おすすめの楽しみ方・遊び方

森林公園はとても広いのでこれだけはして欲しいという、おすすめの楽しみ方や遊び方をご紹介します!

家族連れにおすすめ

  • ぽんぽこマウンテン
  • わくぱく広場冒険コース
  • じゃぶじゃぶ池
  • 川遊び 
  • むさしキッズドーム

家族連れにおすすめなのは、とにかく子どもが喜んで遊べそうなスポットです!

デートにおすすめ

  • 花畑
  • ピクニック

森林公園は花畑が沢山あって見頃の時期に行けば綺麗な花を楽しむことができます。

花畑をバックに写真を撮っている人も沢山いましたよ😊

友達同士におすすめ

  • セグウェイ自然体験ツアー
  • BBQ

友達同士なら広い園内をセグウェイでまわるツアーがおすすめです。

お腹が空いたら、仲間と一緒に西口エリアにあるBBQ施設「Forest MORE」がおすすめ!

目の前は広場なのでボール遊びやフリスビーなんかも楽しめちゃいますよ😊

ネモフィラ・ルピナス・ポピーなどのお花畑が絶景!

国営武蔵丘陵森林公園はとにかく、花畑が綺麗なんです!!

 

ネモフィラ

綺麗な青紫色のネモフィラが辺り一面を覆っていて、まるでネモフィラの絨毯♪

ネモフィラ畑の場所 ⇒ 西口広場

ネモフィラの見頃 ⇒ 4月上旬~下旬

 

ルピナス

不思議な形をしたルピナス。

紫、ピンク、白など微妙に色合いが異なっていて美しい景色を見せてくれます😊

連作を嫌うため、植える花畑を数年ごとに変えているそうです。

ルピナス畑の場所 ⇒ 公園・庭園樹園(こもれび花畑)

ルピナスの見頃 ⇒ 4月下旬~5月中旬

 

ポピー

4月は色とりどりのアイスランドポピー、5月は真っ赤なシャーレーポピーを楽しむことができます。

ポピー畑の場所 ⇒ 運動広場花畑

ポピーの見頃 ⇒ 4月上旬~5月上旬

※夏~初秋にかけては、カラフルな羽毛ゲイトウの花畑になります。

赤ちゃんを連れ、ポピー畑として名高い埼玉県秩父にある天空のポピーへ行ってきました!天空のポピーの見頃や混雑状況、駐車場などの情報をまとめましたので、興味のある方は参考にしてみてください。

 

ぽんぽこマウンテン&運動広場で大はしゃぎ!

南口エリアの運動広場にある「ぽんぽこマウンテン」。

約1,000㎡もあり、ひと山が日本一大きなエアートランポリンだそうです!

空高くぴょんぴょんジャンプして遊べます😊

小さいお子さま用のトランポリンもあるので、ご家族みんなで楽しめます。

子どもから大人まで、みんな大はしゃぎで遊んでいます!

小さなお子様用の「ミニぽんぽこマウンテン」もありますよ♪

ぽんぽこマウンテンの注意事項

怪我をしないように注意事項を守りましょう!

広ーい運動広場もありますよ😊

ぽんぽこマウンテンへの行き方

南口、中央口の各ゲートから歩いて約20分ですが、南口からは坂道が少ないのでおすすめ。

24種類のアスレチック!わくぱく広場冒険コース

西口エリアにある「わんぱく広場冒険コース」。

木製の遊具がなんと24種類もあります。

げんきもりもりごう

入り口を入ると目に飛び込んでくるのがこの海賊船。

海賊王に俺はなる!

とか言ってる子どもがいそうですね(笑)

ローラー滑り台

数ある遊具の中でも人気なのがこの「ローラー滑り台」。

こーんなに長いんです!

マットがあるのでお尻が痛くなる心配もありません!

注意事項

わくぱく広場冒険コースの終了時間 ⇒ 16:30

水遊びはできる?じゃぶじゃぶ池やプール情報

西口エリアにある「水遊び場」。

水面積2,500㎡の巨大なじゃぶじゃぶ池です。

水深が5~30cmなので、小さなお子様でも安心して楽しく遊べます♪

周りには樹木があるので、親御さんも日陰でゆっくりと過ごせますよ😊

着替えスペースもあります。

おむつをしているお子様も入れます!

こちらも西口エリアにある「渓流広場」。

利用期間:4月27日~9月16日(2019年時点)

利用範囲:下流部のみ

石などで怪我をする可能性があるのでマリンシューズなどを履いて入りましょう。

むさしキッズドームの滑り台で子どもが大喜び!

西口エリアにある「むさしキッズドーム」。

わんぱく広場冒険コースは小学生高学年以上向けなので、低学年以下のお子様はこちらがおすすめです♪

50種類もの遊具があり、沢山の子どもたちが楽しそうに遊んでいます😊

ドームの中はまるで迷路!

何がどこに繋がっているかは行ってみてのお楽しみ♪

セグウェイで自然体験ツアー!?

セグウェイジャパンホームページより

国営武蔵丘陵森林公園ではセグウェイに乗って見どころを巡るツアーがあるんです!

園内はかなり広いのでセグウェイに乗って楽しめるのは嬉しいですね。

コース

南口 ⇒ 植物園(中央口エリア)⇒ 南口

ツアー概要

料金 1人8,000円(税込)
※リピーターの方は1,000円引き
入園料は別途
ツアー時間 約2時間半
最大参加人数 6名
対象年齢 16歳~70歳くらい
開始時刻(3月~10月) ①10:00~12:30
②14:00~16:30
開始時刻(11月) ①9:30~12:00
②13:30~16:00
開始時刻(12月~2月) ①9:30~12:00
②13:00~15:30
定休日 火・水(祝日は営業)
集合場所 南口

その他

  • WEBからの事前予約が必要
  • ツアー催行日の前々日17時までキャンセル可能
  • 少雨決行
  • 開始時刻10分前までに集合
  • 体重制限45kg以上118kg未満
  • セグウェイ単品の貸出しは不可

予約・詳細はこちら ⇒セグウェイ公式サイト

サイクリングでの移動がおすすめ!

国営武蔵丘陵森林公園の園内は広いのでレンタサイクルがおすすめです!

公園の各入口(南、中央、西)付近に、サイクリングセンターがあり、自転車の貸出しを行っています。

※北口はゲートで貸出
※冬季の平日は各ゲートで貸出し

レンタサイクルではなく自転車の持ち込みも可能ですよ。

自転車の種類も豊富で子ども用自転車やシティサイクル、クロスバイク、マウンテンバイク、電動アシスト自転車もあります。

レンタル料金や注意事項

基本料金(3時間) 超過料金(30分ごと) 1日乗り放題
大人(高校生以上) 410円

70円

520円
小人 260円 30円 310円
電動アシスト 820円 140円 1,040円

サイクリングコース

サイクリングコースは全長17km。

シティサイクルでもノンストップで走れば1時間くらいの距離ですが、花畑を見てまわったり、遊んだり食事をしたりと色々としていると3時間くらいで丁度良さそうです😊

サイクリングコースはこちら

駐輪ポイント

  • 展望レストラン
  • ぽんぽこマウンテン
  • 中央レストラン
  • 渓流広場
  • 植物園・ハーブガーデン
  • 冒険コース・水遊び場・むさしキッズドーム

お弁当を持ってピクニックするならどこがおすすめ?

西口広場

ピクニックで一番のおすすめは西口広場です。

バドミントンをしたり、ボール遊びをしたり皆さん思い思いに楽しんでいます。

目の前には花畑があるので、お弁当もきっと美味しいですよ😊

家族連れが沢山いますので、混雑時は良い場所を確保するのが大変です。

小さいテントはOKみたいですが、大型テントは許可申請が必要なので注意してくださいね。

巨大ゴムボールも無料で貸し出していますよ♪

むさしキッズドーム周辺

むさしキッズドーム周辺でもピクニックをしている家族連れが沢山いました。

子どもを遊ばせておけるので親御さんとしても楽ちんですね😊

ただ場所的にはそれほどスペースがありません。

ここも争奪戦になりそうなポイントです。

水遊び場

西口エリアにある水遊び場でも場所取りをしている家族が結構いました。

ここは木陰があるので、水遊び場で子どもを遊ばせて、親御さんは木陰で休みながら見守れるので安心です。

運動広場

大人気「ぽんぽこマウンテン」がある運動広場もおすすめです。

こちらは西口広場のように広いので場所取りで困ることはなさそうです。

近くに花畑があるのも嬉しいですね😊

レストラン・売店情報

園内のレストランや売店情報をご紹介します。

展望レストラン

国営武蔵丘陵森林公園ホームページより

南口エリアにある「展望レストラン」。

座席数は140席と広く、展望広場を眺めることができる人気のレストランです。

営業時間 10:30~閉園1時間前
ラストオーダー 閉店30分前
エリア 南口

メニュー例

  • 姫豚ステーキ 1,280円
  • グリルハンバーグ 1,180円
  • 三元豚ソースカツ丼 840円
  • 熟成三元豚ロースカツカレー 980円
  • キッズハンバーグ丼 700円
  • キッズうどん 540円

中央レストラン

国営武蔵丘陵森林公園ホームページより

中央口エリアにある「中央レストラン」。

中央口より徒歩3分と、入口に最も近いレストランで2019年8月31日にリニューアルオープンしました。

営業時間 10:30~閉園1時間前
ラストオーダー 閉店30分前
エリア 中央口

メニュー例

  • やきとりピザ 1,280円
  • ほうれん草とチキンのバジルピザ 1,280円
  • マルゲリータ 1,180円
  • きのこととろ~りたまごのオムハヤシ 880円
  • 森林ハヤシライス 800円
  • 厚切りベーコンのナポリタン 880円

展望レストラン・中央レストラン共通メニュー

  • ソフトドリンクバー 280円
  • 生ビール中ジョッキ(アサヒスーパードライ) 600円
  • 缶ビール(350ml) 350円
  • 地ビール(COEDOビール) 520円
  • アサヒドライゼロ 260円
  • アイスクリーム各種 150円

植物園売店(ボタニカルショップ)

季節のソフトクリーム、軽食、コーヒー、ハーブティーといったフード・ドリンクだけでなく、アロマ系雑貨、植物系絵葉書、書籍なども販売しています。

営業時間 9:30~閉園30分前
エリア 中央口

メニュー例

  • きのこピラフ 550円
  • レモンソフトクリーム 580円
  • コーディアルソーダ 400円
  • アップルパイとコーヒーセット 600円
  • クラムチャウダー 400円
  • ナポリタン 450円

中央口売店

軽食、お土産、季節のソフトクリームなどを販売しています。

平日は、ディスクゴルフの貸出しをしています(土日祝は運動広場売店)。

営業時間 9:30~閉園10分前
エリア 中央口

メニュー例

  • エビピラフ 450円
  • 焼そば 450円
  • プレッツェル 300円
  • スムージー 400円
  • サクサクカレーパン 210円

南口休憩所売店

埼玉県産のお土産やソフトアイス、お菓子などを販売しています。

営業時間 9:30~閉園10分前
休業期間 12月~2月
エリア 南口

南サイクリングセンター売店

アイスクリーム、玩具、遊具などを販売しています。

営業時間 9:30~閉園30分前
休業期間 12月~3月上旬
エリア 南口

運動広場売店

ソフトアイス、コーヒー、玩具・遊具、オリジナルグッズ、雑貨などを販売しています。

土日祝は、ディスクゴルフの貸出しをしています(平日は中央口売店)。

営業時間 9:30~閉園30分前
休業期間 6月~8月
12月~2月
3月上旬の平日
エリア 南口・中央口

渓流広場売店

軽食(焼きそば、カレーライスなど)、ソフトアイス、コーヒー、玩具・遊具、オリジナルグッズ、雑貨などを販売しています。

営業時間 9:30~閉園30分前
休業期間 6月~9月
12月~2月
3月上旬の平日
エリア 中央口

西サイクリングセンター売店

軽食(焼きそば、フランクフルトなど・土日祝のみ)、ソフトアイス、コーヒー、玩具・遊具、オリジナルグッズ、雑貨などを販売しています。

営業時間 9:30~閉園30分前
休業期間 12月~3月上旬の平日
エリア 西口

水遊び場売店

ソフトアイス、お土産品、玩具・遊具、オリジナルグッズなどを販売しています。

営業時間 9:30~閉園30分前
休業期間 6月~9月の平日
12月~2月
3月上旬の平日
エリア 西口

西口売店

ソフトアイス、コーヒー、お土産品、玩具・遊具、オリジナルグッズ、雑貨などを販売しています。

営業時間 9:30~閉園15分前
エリア 西口

BBQでワイワイ楽しもう!

国営武蔵丘陵森林公園ホームページより

西口から徒歩約5分、キッズドーム寄りの西口広場に「BBQ Forest MORE」があります。

目の前は西口広場なので、バーベキューをしながら遊びも楽しむこともできます😊

火起こしはスタッフの方がやってくれるので慣れていない人でも安心です♪

営業時間 【1部】10:00~12:45
【2部】13:15~16:00
休業期間 12月~2月
平日は3日前までに予約がなければ休業

森のバーベーキュープラン

器材や食材を持参しなくても、手ぶらで気軽にバーベキューが楽しめるプランです。

森のファミリーバーベキュープラン 1名 2,980円 牛肩ロース・ロングソーセージ・ホットドッグ用パン・野菜盛り合わせ・焼きおにぎり・マシュマロ
森のスタンダードバーベキュープラン 1名 3,480円 牛肩ロース・ラムチョップ・姫豚ロース・野菜盛り合わせ・バーニャカウダソース
森のステーキバーベキュープラン 1名 3,980円 牛リブロースステーキ・牛肩ロース・姫豚ロース・骨付きフランク・野菜の盛り合わせ・バーニャカウダソース

※予約は3名~

ツールレンタルプラン

炭火焼き用のグリルや包丁などの備品のみをレンタルするプランです。

好きな食材やドリンクなどを持ち込んでバーベキューを楽しむことができます。

【料金】10名まで 6,000円
【備品】BBQ器材・トング・ボウル・ザル・紙皿・割りばし・包丁・まな板

利用申込・予約方法

申し込み受付は利用予定日の1ヶ月前からで、事前に予約が必要です。

「専用予約WEBサイト」か「専用コールセンター」から申し込みできます。

「専用予約WEBサイト」からの申し込み

デジキュー公式サイト

「専用コールセンター」からの申し込み

0570-09-0014

ツールレンタルは当日予約も可能

土日祝に限り予約の空き状況により、ツールレンタルのみ当日予約が可能です。

12:30までに電話で連絡。

2部(13:15~16:00)の利用となります。

近くにスーパーはある?

南口から車で2~3分、徒歩で18分ほどのところに「ベイシアなめかわモール店」があります。

近くにはカインズホームもありますよ。

行くなら5月がおすすめ!

今回、国営武蔵丘陵森林公園に訪れたのは5月1日。

5月は気温や天気もちょうどいい季節ですよね♪

暑すぎず、穏やかな天気でピクニックにも最適です。

また今回はネモフィラやルピナス、ポピーの3種類の花も同時に見ることができましたので、この時期がおすすめです😊

じゃぶじゃぶ池など水遊びはまだ寒いかなと思いますが、遊んでいる子どももいましたよ!

雨の日でも楽しめる?

公園なので正直、雨の日はきついかなという感想です。

訪れた日も途中から雨が降ってきて退散いたしました・・・

一応、むさしキッズドームのドーム内は雨の日でも遊べます。

夏ならじゃぶじゃぶ池など水遊び場は多少の雨でも関係ないかもしれませんね。

あとは雨の日の森林を歩くのも意外と気持ちいいですよ😊

雨に濡れた花や植物を見るのも普段とは違う一面が見れますね♪

イベント情報

国営武蔵丘陵森林公園では季節に応じたイベントを開催しています。

体験型のイベントやお花の摘み取り、ガイドツアーなど様々なイベントがありますよ😊

【例】

  • 「田んぼで田植え・稲刈り・ごはん」(6月~11月)
  • 羽毛ゲイトウ 摘み取りプレゼント(9月)
  • 森林ヨーガ教室(10月)
  • 乗馬トレッキング(10月)
  • 森のハロウィンナイト~ライトアップ&イルミネーション~(10月~11月)
  • 2019フォレストナイトコンサート(10月~11月)

国営武蔵丘陵森林公園のイベント情報の詳細はこちら

園内バス情報

国営武蔵丘陵森林公園ホームページより

園内はかなり広いのでバスを利用して移動するのもおすすめです。

8カ所の停留所があり南口、西口、中央口の各ゲート間を約20分で移動します。

23人乗りと25人乗りの2種類のバスがあり、1時間に1~2本の間隔で運行しています。

バス料金

大人(高校生以上) 300円(1回)
小人(3歳以上) 150円(1回)
1日乗り放題 500円(3月~11月)
400円(12月~2月)

運行ルート

【南口発】西口経由 中央口行き
【中央口発】西口経由 南口行き

停留所

  • 南口
  • 展望広場下
  • 野草コース入口
  • 中央橋
  • 西口
  • 渓流広場
  • 植物園前
  • 中央口

授乳室はある?ベビーカーの貸し出しは?

国営武蔵丘陵森林公園の授乳室とおむつ替えコーナーは南口、中央口、西口、都市緑化植物園の4カ所にあります。

また、公園内には30箇所の多目的トイレがあり、トイレ内にはベビーシートが設置されています。

各入園口で車椅子、ベビーカーの無料貸出しもしていますよ。

赤ちゃん連れで行ってみた感想

今回、1歳になる赤ちゃんを連れて遊びに行きました。

赤ちゃんが特に喜んでいたのは「むさしキッズドーム」!

色々な遊具に興味津々でした😊

あとは冒険コースのロング滑り台も一緒に滑りましたが楽しそうでしたよ♪

冷たくて入れませんでしたが水遊び場も入りたそうにしていました。

ぽんぽこマウンテンにたどり着いた時には眠ってしまいましたが、起きていたら喜んでいたと思います。

おむつ替えコーナーも各所にありましたし不便だなと感じることはありませんでしたよ。

虫刺されでけ注意してくださいね。

国営武蔵丘陵森林公園の営業時間

3月1日~10月31日 9:30~17:00
11月1日~11月30日 9:30~16:30
12月1日~2月末日 9:30~16:00

休園日

  • 年末年始(12月31日、1月1日)
  • 1月の第3、第4月曜日

料金はいくら?

大人(高校生以上) 450円
シルバー(65歳以上) 210円
中学生以下 無料

その他

年間パスポート 2日間通し券 団体 2日間通し券(団体)
大人(高校生以上) 4,500円 500円 290円 350円
シルバー 2,100円 250円 210円 250円
中学生以下 無料 無料 無料 無料

年間パスポートについて

購入より1年間有効で全国の国営公園で利用することができます。

日本の国営公園一覧


【パスポート特典】
駐車料金:普通車620円→500円 二輪車260円→200円
貸自転車:超過料金無料
レストラン:お食事注文の方に限り、ワンドリンクサービス
売店:植物園売店にて、500円相当のセット商品→300円

無料開園日はいつ!?

国営武蔵丘陵森林公園では無料開園日があります。

無料開園日の例(2019年)

  • 4月29日(月曜日・祝日) 春の都市緑化推進運動
  • 5月1日(水曜日・祝日) 皇太子殿下の御即位を記念する慶祝行事
  • 5月4日(土曜日・祝日) 国民の祝日
  • 9月16日(月曜日・祝日) 国民の祝日(65歳以上の方のみ無料)
  • 10月20日(日曜日) 秋の都市緑化月間
  • 11月3日(日曜日・祝日)

毎年4月以降の無料開園日は3月上旬頃に決定します(予定)。

混雑状況

今回お邪魔したのは5月1日。

ゴールデンウィークの真っ只中、しかも無料開園日。

到着したのは11:30頃。

西口駐車場に駐車しましたが、スペースには余裕がありました😊

園内も特に混雑している様子はありませんでしたよ。

アクセスや駐車場情報

〒355-0802 埼玉県比企郡滑川町山田1920

駐車場情報

大型車 普通車 二輪車 身障者用
料金 1,650円 620円 260円 手帳提示で無料
駐車台数 南口:10台
中央口:5台
西口:11台
北口:11台
南口:543台
中央口:261台
西口:579台
北口:260台
南口:6台
中央口:5台
西口:10台
北口:15台
南口:6台
中央口:5台
西口:5台
北口:3台

西口駐車場

バス・タクシー

東武東上線「森林公園」駅を下車。「北口」にバスのりば、タクシーのりばがあります。徒歩の場合は、南口まで約3km(約40分)。

  • 森林公園南口行(土日祝のみ運行・直通バス) ⇒終点で下車(南口到着)
  • 熊谷駅南口行または立正大学行 ⇒「滑川中学校」で下車(徒歩約5分で南口到着)、「森林公園西口」で下車(西口到着)

管理センター

電話:0493-57-2111
FAX:0493-56-4913

都市緑化植物園(緑の相談窓口)

電話:0493-57-2122
FAX:0493-57-2121

まとめ

  • 園内はとにかく広い!
  • 目的別エリア別に遊ぶのがおすすめ
  • 花畑が見頃の時期がおすすめ
  • じゃぶじゃぶ池など水遊びもできちゃう
  • 冒険コースや遊具も充実!
  • 移動はサイクリングや園内バスがおすすめ
  • ベビー施設も充実!赤ちゃん連れでも安心

国営武蔵丘陵森林公園はとにかく広いです!

なので目的を決めてエリア別に遊ぶのがおすすめです😊

あとは花畑がとても綺麗なので、見頃の時期には是非訪れて欲しいです♪

一日では遊びきれなかったので、また行きたいと思います!

 

以上、国営武蔵丘陵森林公園に赤ちゃん連れで行ってみた!見どころやおすすめスポットをご紹介!でした。

最後までお読みいただきありがとうございます!

シェアする

フォローする