鋸山 日本寺は大仏・地獄のぞき・ラピュタの壁と見所満載!駐車場情報やおすすめコースをご紹介!

千葉県鋸南町にある鋸山・日本寺に行ってきました!

ラピュタの壁や地獄のぞき、大仏など見所満載でしたよ~。

行ってみた感想や駐車場、おすすめコース、所要時間、服装などの情報をまとめましたので、行かれる方は参考にしてみてくださいね。

鋸山・日本寺とは

鋸山(のこぎりやま)の日本寺(にほんじ)は千葉県鋸南町(きょなんまち)にあるお寺です。

日本寺は約1300年前、聖武天皇の勅詔を受けて、行基菩薩によって開かれた関東最古の勅願所です。鋸山(のこぎりやま)の南側斜面10万坪余りを境内としており、豊かな自然の中を散策しながら、大仏様(薬師瑠璃光如来)、百尺観音像、千五百羅漢石像群などをお参りすることができます。

鋸山日本寺ホームページより
http://www.nihonji.jp/index.html

大仏様や百尺観音像などで有名ですが、地獄のぞきの写真などを見たことがある、という人もいるかと思います。

絶対見るべき鋸山・日本寺のおすすめスポット

鋸山日本寺は広大な面積なので全部は回れないという人もいるかと思います。
そこで、ここだけは絶対に見て欲しいおすすめスポットをご紹介します。

個人的におすすめなのが次の4つ。

・大仏

・地獄のぞき

・ラピュタの壁

・百尺観音

この4つは鋸山・日本寺に行ったら、絶対外せないおすすめスポットです!

それでは一つずつ詳しく紹介していきます。

鋸山・日本寺の大仏

まずは何と言っても大仏です!
日本寺の大仏様は薬師瑠璃光如来(やくしるりこうにょらい)と言い、病苦を救う医薬の仏様です。

実は日本寺の大仏は日本一の大きいって知ってましたか?
奈良の大仏や鎌倉の大仏よりも大きいんです!

その高さはなんと31.05m!!
その大きさに圧倒されます。

大仏は境内の東側にあり、無料駐車場からも近いので、是非訪れてみてください!

鋸山・日本寺の地獄のぞき

次にご紹介する、おすすめスポットは山頂の展望台にある「地獄のぞき」です。
鋸山は標高330mくらいで高い山ではないのですが山頂付近になると雲の中に入ったような感じでした。

ここの階段を登りきると・・・。

山頂到着!!

山頂からは東京湾や房総半島が見渡せます。

特に「地獄のぞき」からは見たことのない絶景が広がっていますが、高所恐怖症の人にはおすすめできないほどの断崖絶壁です(笑)

「地獄のぞき」を西側(百尺観音側)に少し行ったところにベンチがあり、そこから地獄のぞきがよく撮れる写真スポットがあります。

ここから地獄のぞきの写真を撮るのがおすすめです!

山頂付近までは階段が整備されていますが、展望台は階段が整備されていません。

デコボコの地面を登るので、サンダルなどではなく、靴を履いていくことをおすすめします。

鋸山・日本寺のラピュタの壁

次にご紹介する、おすすめスポットは「ラピュタの壁」です。

場所は「地獄のぞき」から西側へ少し下ったところにある百尺観音の入り口付近です。

その景色がまるでジブリ作品「天空の城ラピュタ」のラピュタを彷彿させることから、そう呼ばれるようになったとか。

その景色がこちら!

ラピュタに人が住まなくなって城を植物が覆ったような感じですね。

何とも神秘的な景色です。

まさにリアル、ラピュタの壁!

異国のような雰囲気もありますね~。

この石畳を抜けると、次のおすすめスポット「百尺観音」が見えてきますよ!

鋸山・日本寺の百尺観音像

次にご紹介する、おすすめスポットは百尺観音像です。

ここも猛烈に感動した場所です。

ラピュタの壁を通り抜けると百尺観音像が現れます!

それがこちら!!

日本にこんな立派な観音像があったなんて本当に驚きです!
山頂まで行く人は絶対に見ておいた方がいいです!

ちなみに、ここからも地獄のぞきが見えますよ。

上からも高いのはわかりますが、こうして見てみると、より高さを感じますね~。



鋸山・日本寺の案内図


鋸山日本寺ホームページより
http://www.nihonji.jp/keidai/index.html

鋸山日本寺は主に5つのエリアに分かれています。
一番きついのは大仏から山頂まで行く東側の階段です。
ここは急な階段を連続で登らなければならないので、こちらから山頂を目指すのはおすすめできません。

また、鋸山日本寺の境内はかなり広いです。
体力に自信がない人は、見る場所を決めてプランを立ててから行くのが良いですよ!


鋸山日本寺ホームページより
http://www.nihonji.jp/keidai/index.html

鋸山・日本寺の所要時間

我々家族が見て回った所要時間は2時間ほどです。
全てを見て回ることは出来なかったのですが、全てを見て回るには恐らく3時間以上の所要時間がかかると思います。
しかし所要時間も大事ですが、何より体力的にきついと思います。
休憩所などもほとんどないので、軽い観光の気持ちで行くと痛い目にあいます(笑)。

入口(管理所)は5ヶ所ありますがには入口付近には案内図があり現在地からの所要時間が書かれていますので、それを目安にしてみるのも良いと思います。



鋸山・日本寺のおすすめコース

鋸山日本寺の境内は、かなり広いです。
また階段の昇り降りも相当あるので、その全てを見て回るなら覚悟が必要です。
時間的な要素よりも体力的にかなりキツイです。
なので、体力に自信のない方は場所を絞りコースを決めて観光されることをおすすめします。

ちなみに、私たち家族が通ったルートを紹介します。

無料駐車場(東口管理所) → 大仏様 → 山頂展望台 → 地獄のぞき → 百尺観音像 → 千五百羅漢道(途中まで) → 弘法大師護摩窟 → 通天窟 → 薬師本殿 → 無料駐車場(東口管理所)

これで所要時間2時間ほどですが、これでも相当きつかったです!
行ったのは7月でしたが、かなり暑かったです。
山頂付近は若干涼しかったですが、軽い登山なので、汗もかきました。

【楽ちんコース】
一番楽ちんなのは鋸山ロープウェイか鋸山登山自動車道(有料)で上まで登り、西口管理所から入るコースです。
ここから百尺観音像、地獄のぞき、山頂展望台までの階段も他と比べて緩やかなので登りやすいですよ。
但し、大仏を見るにはここから降りていかなければなりません。
駐車場やロープウェイに戻るなら、また登らなければなりませんので注意してください。

【おすすめコース】

無料駐車場(東口管理所) →大仏様 → 薬師本殿 → 通天窟 → 西口管理所 → 百尺観音像 → 山頂展望台 → 地獄のぞき → 千五百羅漢道 → 無料駐車場(東口管理所)

料駐車場から大仏様を見て、東側の階段から一気に山頂展望台を目指したのですが、ここの階段は急なのであまりおすすめできません(笑)
かなりきつかったです!
そこで大仏を見たら、薬師本殿側に回り、比較的緩やかな西から登っていくのが良いと思います。

鋸山・日本寺の服装

鋸山日本寺の服装は普段着でも構わないと思います。
しかし、ハイキングというより登山に近い感じで、結構疲れるので動きやすい服装が良いでしょう。
また虫などもいるので気になる人は長袖などを着用して肌を隠したほうが良いかもしれません。
あーだパパは半袖短パンで行きましたが(笑)。

行ったのは7月でしたが、かなり暑かったです。
山頂付近は若干涼しかったですが、気温は麓とそれほど変わらないと思います。
夏に行くなら、タオルや着替えがあったほうが良いかもしれません。

あと靴はサンダルなどではなく、スニーカーなど歩きやすいものがおすすめです。
登山道は階段が整備されているので登りやすいですが、山頂は階段が整備されておらず、デコボコなのでサンダルだと危険です。



鋸山・日本寺は赤ちゃん連れでも行ける?子どもでも登れる?

今回、我々は赤ちゃん連れで行きました。
階段なので、もちろんベビーカーではなく抱っこ紐に入れて。

結論から言うと赤ちゃん連れでも行けなくはないです。
ただ、結構きついです(笑)。

あと山なので虫なんかも少し気になりましたので、対策は必要かと思います。
山頂(地獄のぞき)付近は足場が悪いので、十分注意してください。

次に子どもでも登れるか?というところですが、小学3・4年生くらいなら登れると思います。
実際、私たちが登った日も小学生の団体がいました。

小学1・2年生でも登れるとは思いますがちょっとキツイかなという感じです。

鋸山・日本寺の混雑状況

私たちが行ったのは7月の木曜日。

平日でしたが、そこそこ人はおりました。
混雑しているというほどではないですが小学生の団体や外国人観光客もいました。

土日祝日や長期休暇中は混みそうですね。
階段はそれほど広くはないので、あまり混雑する日に行くとちょっと危険な感じもします。

鋸山・日本寺のアクセス

【住所】
千葉県安房郡鋸南町元名184

【TEL】
0470-55-1103

【電車で行く場合】
内房線「浜金谷」駅または「保田」駅下車
ロープウェイ利用の場合は、「浜金谷」駅下車
浜金谷駅から鋸山山麓駅まで徒歩で約5分

表参道から登る場合には、「保田」駅下車
保田駅から表参道まで徒歩で約25分

【車で行く場合】
富津金谷インターから無料駐車場まで約10分
富津金谷インターから有料道路専用山頂駐車場まで約20分
鋸南保田インターから無料駐車場まで約8分
鋸南保田インターから有料道路専用山頂駐車場まで約20分

【鋸山登山自動車道】
往復1000円(駐車料金を含む)

【鋸山ロープウェー】
片道の所要時間は約4分。
通常は15分間隔で運行してます(込み具合によっては5~10分間隔)。

営業時間
2/16~11/15 → 9:00~17:00
11/16~2/15 → 9:00~16:00
※夏季は営業時間を延長。

料金
12才以上
片道500円
往復930円

6才以上
片道250円
往復450円
※団体割引、障害者割引あり

駐車料金は無料(ロープウェイ利用の場合)

鋸山・日本寺の駐車場


鋸山日本寺ホームページより
http://www.nihonji.jp/keidai/index.html

鋸山日本寺の駐車場は東口管理所付近にある無料駐車場。
鋸山登山自動車道の利用者専用の駐車場が大仏口管理所と西口管理所付近の2つにあります。
私たちが駐車したのは東口管理所付近にある駐車場です。
またロープウェイを利用する方は鋸山山麓駅に駐車場があります(ロープウェイ利用者のみ駐車可能)。
少し離れていますが、鋸山保田口バス停付近にも無料駐車場があります(北見釣具店近く)。

日本寺の本堂について

2018年7月現在、日本寺の本堂は建設工事をしており、お参りすることはできません。

そのせいか本堂は案内図にも載ってません。

確認してみたところ、完成予定日は特にないようで、2020年頃になるかもしれないとのことでした。
すぐに本堂が完成するというわけではないようなので気長に待ちましょう!

まとめ

さて、いかがだったでしょうか。

私たちはたまたま発見して立ち寄ったのでノープランで来てしまった鋸山・日本寺ですが、見所満載で想像以上に楽しめました。
まだ行ったことがないという人は是非、行ってみてください!
今度は計画を立てて、装備も整え、まだ見ていない箇所を中心に回りたいと思います!

以上、鋸山 日本寺は大仏・地獄のぞき・ラピュタの壁と見所満載!駐車場情報やおすすめコースをご紹介!でした。

最後まで、お読みいただきありがとうございました!

【こちらの記事もおすすめ!】

鋸山・日本寺の近くにある道の駅 保田小学校

廃校になった小学校が道の駅として生まれ変わった保田小学校に行っていきました!懐かしい給食が食べられる里山食堂、美味しいピザなど食事メニューが充実!オリジナルのお土産が買える体育館を利用した市場や教室型の宿泊・温泉施設があったりと、子供だけでなく大人心もくすぐる楽しい仕掛けや見どころが盛り沢山です!実際に行ってみた感想やランチ情報、駐車場、周辺のおすすめスポットなども併せてご紹介しますのでご覧ください!

南房総おすすめのお土産 勝浦タンタンメン

今回はお土産として頂いた勝浦タンタンメンのレビュー記事です。勝浦タンタンメン(生麺)の作り方や食べた感想などをまとめてみましたので、参考にしてみて下さいね!

シェアする

フォローする