リンスが出なくなってから1ヶ月以上使えた話

リンスボトルの残りが出なくなって捨ててしまおうとしているあなた!

ちょっと待ってください。

少し余っているけど出ないから捨てるのは勿体ないですよ。

今回はリンスを最後まで使い切った話をご紹介します!

リンスが余ってるけど残りが出ない

リンスって残りが少なくなると、まだ余っているのにポンプを押しても出なくなりますよね。

同じリンスを使うなら、詰め替え用で補充すればいいですが、違うリンスに変える時なんかは困りませんか。

面倒だし、もうそんなに残っていないから捨てちゃおうという人も多いかと思います。

 

薄めて使う?

勿体ないからやっぱり使い切りたいという時は薄めて使うという方法もあります。

けど薄めすぎると髪につけづらいし、反対に水が少ないときちんと使い切れかったり、調節が難しい・・・

よくやったのはポンプを外して手に直接振って出していましたが、これだとすごい量が出ちゃったりして、ボトルの戻すのが大変だったり・・・

筆者は男性で、リンスの量もそんなに必要なく、ちょっとつけれればいいのですが、適量がなかなか出せなくて困っていました。

 

最後まで使い切る方法を発見!

そこで今回やってみたのが、リンスを逆さまにして置いておく方法です。

リンスを逆さまにしておくと、蓋の部分にリンスが溜まっていきます。

そしてポンプを少し外して、ポンプの棒についたリンスを手につけて使ってみました。

これだと自分の適量が取れるし、薄めるより衛生的にも良さそう!

この方法を始めてから1ヶ月。

未だになくなりません(笑)

手につける量を増やせば女性にもおすすめの方法です😊

是非、試してみてくださいね♪

 

以上、リンスが出なくなってから1ヶ月以上使えた話でした。

最後までお読みいただきありがとうございます!

 

シェアする

フォローする