「やきそば弁当」は中華スープ付き!なぜ北海道限定?食べた感想やカロリーなどをご紹介!

北海道のソウルフード、東洋水産のマルちゃんシリーズ「やきそば弁当」を食べてみました!

カップ焼きそばとしては珍しく中華スープも付いてます。

食べた感想やカロリー、アレルギーなどの情報をまとめました。

なぜ北海道だけで販売されているのか、その理由も探ってみましたよ。

ご覧ください!

「やきそば弁当」は北海道のソウルフード!名前の由来は?

東洋水産ホームページより

やきそば弁当は東洋水産のマルちゃんシリーズから発売されているカップ焼きそばです。

北海道限定のカップ焼きそばで北海道民のソウルフードと言われています。

その支持率は80%を超えると言われており、北海道の方からするとカップ焼きそば=やきそば弁当なのです。

逆に北海道以外にはほとんど出回っていないため、道民以外の方はあまりご存知ないかもしれませんね。

「やきそば弁当」という名前の由来ですが、東洋水産のホームページによると、四角いカップ容器の形状が弁当箱に似ていることから、「やきそば弁当」と命名したそうです。

今でこそ、四角いカップ容器は珍しくないですが、昔は丸型が主流だったとか。

やきそば弁当はなぜ北海道限定なのか?

北海道でそれだけ支持を集めている「やきそば弁当」。

食べてみたいという人も多いかと思います。

そもそも、なぜ北海道限定の商品なのか?

東洋水産はもともと水産物を扱う会社で、北海道での流通網を確立していました。

そのため、他のメーカーよりも早くシェアを拡大できたそうです。

他のメーカーが参入してきた頃にはその流通網は強固なものになっており、日清以外は対抗できなかったとか。

また、発売当時は本州から販売を開始したのですが、北海道版として北海道の方に合う味付けに改良し、今は名物となったスープをつけたところ、徐々にシェアを伸ばしていったそうです。

やきそば弁当はいつからある?その歴史とは

「やきそば弁当」が発売されたのが、1975年、昭和50年のことです。

その翌年の1976年に北海道版のやきそば弁当が発売されました。

2019年で発売から44年。

約半世紀もの間、愛され続けているロングセラー商品となりました。

やきそば弁当の付属品と内容量

やきそば弁当の付属品はかやく・液体ソース・ふりかけ・中華スープです。

内容量は132g、麺量は100g。

やきそば弁当のカロリーや成分表

エネルギー 581kcal
たんぱく質 13.1g
脂質 27.8g
炭水化物 69.7g
食塩相当量 6.4g
ビタミン 0.50mg
ビタミン 0.51mg
カルシウム 224mg

※1食(132g)あたり

やきそば弁当の原材料やアレルギー

【やきそば弁当の原材料】
油揚げめん(小麦粉(国内製造)、植物油脂、精製ラード、でん粉、食塩、卵白)、ソース(ソース、たん白加水分解物、砂糖、植物油、食塩、酵母エキス、香辛料)、かやく及びふりかけ(キャベツ、味付チキンダイス、あおさ、紅生姜)、中華スープ(食塩、たん白加水分解物、砂糖、しょうゆ、香辛料、ねぎ、植物油)/カラメル色素、調味料(アミノ酸等)、炭酸カルシウム、かんすい、増粘多糖類、酸化防止剤(ビタミンE)、香料、ビタミンB2、ビタミンB1、(一部に小麦・卵・乳成分・大豆・鶏肉・豚肉・りんご・ゼラチンを含む)

【やきそば弁当のアレルギー表示】

やきそば弁当の食べ方!スープは戻し湯を使う!?

普通のカップ焼きそばはお湯は捨てちゃいますよね。

しかし、やきそば弁当はお湯は捨てません!

やきそば弁当には中華スープが付いているのですが、3分経ったら、そのお湯をそのまま中華スープに使います。

かやくや麺から旨味が出たお湯を使うことでさらに風味がアップ!

お湯も別に用意する必要がないので、節約にもなりますね!

やきそば弁当の作り方

それでは「やきそば弁当」の作り方をご紹介します。

①まずは蓋を剥がして、かやくなどの付属品を取り出します。

②次に、かやくを入れ、沸騰お湯を内側の線までそそぎます。ここで中華スープの粉をマグカップなどの容器に入れておきましょう。

③3分経ったら、湯切り口の蓋を剥がして、150mlのお湯を中華スープの粉末にそそぎ、残りは捨てます。

④液体ソースとふりかけを入れ、よく混ぜたら完成です。

やきそば弁当ってうまいの?それともまずい?

やきそば弁当の麺は細めの縮れ麺。

やきそば弁当の味は薄味で甘めのソース味。

同じ東洋水産のマルちゃんシリーズから販売されている「焼そばバゴォーン」に似た感じです。

メジャーどころで言うと「ペヤング」に似た感じです。

個人的には「焼そばバゴォーン」が大好きなので、好みの味でした!

やきそば弁当はペヤングに似てる!?比較してみた

「やきそば弁当」を食べてみた感想としてはペヤングに似ている感じがしました。

ということで比較してみましたよ。

ペヤングソースやきそば

やきそば弁当

やきそば弁当 ペヤング
発売日 1975年 1975年
希望小売価格 180円(税抜) 170円(税抜)
内容量 132g(めん100g) 120g(めん90g)
カロリー 581kcal 544kcal
メーカー 東洋水産 まるか食品

やきそば弁当の付属品

ペヤングの付属品

やきそば弁当の付属品はかやく・液体ソース・ふりかけ・中華スープ。

ペヤングの付属品はかやく・液体ソース・ふりかけ・スパイス。

食べてみた感想としては、やっぱり似た感じの味でした。

やきそば弁当、ペヤングファンからすると「違う!」と言われるかもしれませんが、パンピーからすると同じ感じです。

ただ、量としては「やきそば弁当」のほうが多かったです。

やきそば弁当と同じ東洋水産の地域限定商品「焼そばバゴォーン」

「やきそば弁当」と同じ東洋水産のマルちゃんシリーズから地域限定で発売されているのが「焼そばバゴォーン」。

「やきそば弁当」は北海道限定ですが、「焼そばバゴォーン」は東北・信越地方限定の商品です。

焼そばバゴォーンにもスープがついていて、こちらは「わかめスープ」。

焼そばバゴォーンも美味しいので、機会があれば食べてみてくださいね。

焼そばバゴーンというカップ焼きそばをご存知でしょうか?バゴーンは東北と甲信越地方限定の商品なのですが、全国区のペヤングやUFO、一平ちゃんにも負けず劣らず美味しいカップ焼きそばなのです!しかもわかめスープまでついているという大変お得な商品です。
やきそば弁当とバゴォーンの違いを検証してみました!同じマルちゃんシリーズの両者ですが、やきそば弁当は北海道エリア、バゴォーンは東北・甲信越エリアで販売されています。その違いは何なのでしょうか??

まとめ

さて、いかがでしたでしょうか?

今回は東洋水産から発売されている北海道限定の「やきそば弁当」をご紹介しました。

スープもついて、お得なカップ焼きそばでした。

味も好みの感じで、美味しかったです!

北海道フェアなどでも販売されていることがあるので、北海道以外の方でも、食べるチャンスはありますよ~。

以上、「やきそば弁当」は中華スープ付き!なぜ北海道限定?食べた感想やカロリーなどをご紹介!でした。

最後まで、お読みいただきありがとうございます!

シェアする

フォローする