湯乃市は赤ちゃんも入れる?どんなお風呂や食事があるかご紹介!

スーパー銭湯「湯の市」の入間店に赤ちゃん連れで行ってきました!

どんな、お風呂や食事があるのかをご紹介します。

また、実際に入ってみた感想などをまとめてみましたので、ご覧ください!

湯の市はどんなお風呂があるの?

湯の市には様々なお風呂が用意されています。

  • クレオパトラの湯
  • 露天風呂
  • 電気風呂
  • サウナ
  • ジェットバス
  • 寝湯
  • 気泡湯

※入間店の情報

クレオパトラの湯

クレオパトラの湯は高濃度炭酸泉です。

イスラエルの死海の塩を溶かした天然マグネシュウム含有の高濃度炭酸泉はクレオパトラも愛用したとか。

血液の流れを良くしてくれる効能があるそうです。

ちなみに女性側は寝湯もクレオパトラの湯(高濃度炭酸泉)のようですよ!

露天風呂

もちろん、露天風呂もあります!

露天風呂は期間ごとに様々なお湯を楽しむことができます。

2018年12月は1日~10日まで「みかんの湯」、11日~20日まで「すだちの湯」、21日~31日まで「柚子の湯」。

やっぱり、露天風呂が一番気持ちいいですね!

電気風呂

電気風呂って聞くと何だか怖いですが(笑)、身体に優しい低周波の電流なので安心してください。

ビリビリっとする感じではなく、ピリッとするかなぁぐらいです!

これが疲れやこりをほぐしてくれます。

ジェットバス

個人的におすすめなのが、このジェットバスです!

高圧で強力なジェットが噴射されており、まるでマッサージをされているような感覚で、とても気持ちがいいです!

浴槽は段階的に深くなっていて、手すりがついており、一番深いところでは立って入る感じです。

なので、腰や太もも、ふくらはぎなど身体の気になる部分を揉みほぐしてくれますよ!

湯の市の料金と営業時間

入間店の料金

平日 土日祝
大人 650円 750円
小学生 350円 350円
幼児 200円 200円

入間店の営業時間

平日 10:00~25:00
土日祝 10:00~25:00
定休日 第2水曜日

※入場は24:00まで
※2018年12月現在

柄沢店の料金

平日 土日祝
大人 700円 800円
小学生 350円 400円
幼児 200円 200円

柄沢店の営業時間

平日 10:00~24:00
土日祝 8:00~24:00
定休日 第3水曜日(祝日の場合は営業)

※入場は23:00まで
※2018年12月現在

鎌ヶ谷店の料金

平日 土日祝
大人 650円 750円
小学生 350円 350円
幼児 200円 200円

鎌ヶ谷店の営業時間

平日 9:00~24:00
土日祝 8:00~24:00
定休日 不定期

※入場は23:00まで
※2018年12月現在

湯の市は赤ちゃんも入れる?

残念ながら、湯の市では赤ちゃんは一緒に入浴することはできません。

基本的にオムツをしているお子様は駄目なようです。

また、オムツが取れていても、「一人歩きができない」「トイレに行きたいことを家族に知らせることができない」「トイレまで我慢できない」お子様はご遠慮いただいているようです。

当然といえば当然ですかね。

ただし、赤ちゃんで入浴できない場合も、入館料200円は支払わなければなりませんので、ご注意を!

湯の市のお食事

湯の市、入間店のお食事処はこんな感じで畳の席とテーブル席があります。

禁煙席と喫煙席に分かれており、館内の喫煙スペースは喫煙席にあります。

食事メニュー

アルコールもありますよ。

飲み物の自販機もあります。

今回いただいたのが、「アジフライ定食」と「広島風ピリ辛つけ麵」。

アジフライ定食は衣がカリッとしていてボリュームもあり、美味しかったです!

広島風ピリ辛つけ麵も、辛すぎず、食欲をそそる感じの丁度いい辛さで美味しかったですよ!

まとめ

さて、いかがでしたでしょうか。

たまにしか行かないスーパー銭湯ですが、やっぱり気持ちいいものですね!

残念ながら、赤ちゃんと一緒に入ることはできませんでしたが、個人的にはジェットバスが最高でしたので、また行きたいと思います!

以上、湯乃市は赤ちゃんも入れる?どんなお風呂や食事があるかご紹介!でした。

最後まで、お読みいただきありがとうございます!

湯乃市 入間店が閉店(※追記)

湯乃市 入間店が2019年7月31日をもって閉店となってしまうようです。

シェアする

フォローする