「岩手大槌産ほやジャーキー」VS「ほや酔明」うまいのはどっち!?

しゃべくり007で取り上げられて、巷を賑わせている「ほや酔明」。

東北新幹線ではビールのお供にお馴染みの珍味なのですが、てっきり乾燥ほや珍味は「ほや酔明」だけだと思っていたら「岩手大槌産ほやジャーキー」なるものが!

果たしてどちらがうまいのか!?

食べてみた感想などまとめましたので、ご覧ください!

 

岩手大槌産ほやジャーキーとは

ほやの乾燥珍味と言えば宮城県石巻市の水月堂物産が販売する「ほや酔明」が有名です。

東北新幹線の車内販売で購入することができ、ビールのお供に最高です(*´з`)

てっきり、ほやの乾燥珍味は「ほや酔明」だけだと思っていたのですが、ほやの乾燥珍味は他にも色々とあるようです。

その中で今回ご紹介するのが「岩手大槌産ほやジャーキー」。

公益財団法人さんりく基金 三陸DMOセンター ホームページより

 

こちらは「岩手・三陸うまいもの本舗 あさひ堂」が販売する、ほやジャーキーです。

 

岩手大槌産ほやジャーキーって美味しいの?

正直、最初は期待していなかったんです。

「ほや酔明」のパクリっぽいな。
本当に美味しいの?って思っていました。

 

見た目も何となく似てるし・・・。

 

 

でも!!

 

実際に食べてみて、びっくり仰天!!!

 

これ・・・

 

ほやじゃん!

 

ジャーキーというからは硬いのかと思ったら、しっとり柔らかい。

味わいも、「ほや」の風味がしっかり出てる!

いやいや!むしろ、ほやそのものを食べているかのよう!!

いやいや!!乾燥させている分、ほやより味わいが濃いか!?

しかも、ほや独特の嫌な生臭さがない!!!

 

落ち着け俺!

 

と、興奮してしまうほどの衝撃でした。

 

これがまた酒にもよく合うんですよ~。

ビールも良いですが日本酒にも最高です!

これは本当にうまいです!

 

岩手大槌産ほやジャーキーの原材料など

 

岩手大槌産ほやジャーキーの値段

岩手大槌産ほやジャーキーの値段は450円(税抜)。

税込価格で486円です。

 

「岩手大槌産ほやジャーキー」と「ほや酔明」を比較!どちらがうまい?

原材料

岩手大槌産ほやジャーキー

 

ほや酔明

岩手大槌産ほやジャーキーには添加物や保存料が入っていないんですね。

 

容量と値段

  岩手大槌産ほやジャーキー ほや酔明
容量 12g 12g
値段 486円(税込) 350円(税込)

値段は岩手大槌産ほやジャーキーの方が高いです。

 

見た目

岩手大槌産ほやジャーキー

 

ほや酔明

見た目はほとんど変わらないですね。

 

味の違い

最初に「ほや酔明」を食べたのですが、ほやの風味もあり美味しかったです。

ただ独特の苦みみたいなものを感じました。

食感としては少し硬め。

乾燥ほや珍味自体を初めて食べたので、こんなものなのかなと思っていましたが、次に「岩手大槌産ほやジャーキー」を食べてみてびっくり!

まず食感ですが「ほや酔明」よりも柔らかい。

しっとりとして食べやすかったです。

次に味ですが「ほや酔明」よりも、ほやそのものの味わいがしました。

正直「ほや酔明」だとお酒の種類によっては味が負けてしまう感じがしましたが、「岩手大槌産ほやジャーキー」は味わいが濃厚なので、お酒にも負けない風味がありました。

ほやが苦手という人は「ほや酔明」。

より、ほやの風味が味わいたいという人は「岩手大槌産ほやジャーキー」かなと思います。

 

岩手大槌産ほやジャーキーはどこで売ってるの?

今回、ほやジャーキーを購入したのは盛岡駅ビル(フェザン)にある「鮭・魚卵・お弁当 さかなや田清」。

盛岡市民にはお馴染みのお店で、地下には鮮魚を販売している「田清魚店」もあります。

「ほや酔明」とは違い、ひっそりと売られていました(笑)

 

 

まとめ

さて、いかがでしたか?

今回は乾燥ほや珍味「岩手大槌産ほやジャーキー」をご紹介しました。

 

乾燥ほや珍味と言えば「ほや酔明」で、ほや酔明も美味しいのですが個人的には「岩手大槌産ほやジャーキー」をおすすめします!

久しぶりに心からおすすめできる商品に出会えました(^^)

これからは、お酒好きな人には日本酒と岩手大槌産ほやジャーキーのセットでお土産を買っていこうと思います!

皆さまも是非、一度試してみてくださいね!

 

以上、「岩手大槌産ほやジャーキー」VS「ほや酔明」うまいのはどっち!?でした。

最後までお読みいただきありがとうございます!

 

シェアする

フォローする